スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田君、ちょっとやり過ぎなんじゃない?

 目覚まし時計を3時半にかけて、早朝のブラジル戦を見るためにがんばって起きた。チャンネルをNHKに回すと、スタメンのツートップが玉田と巻に変わっていてホッとした。

 前半の玉田のゴールは今さら私が言わずとも、日本国民全てが「もしかして?」と期待した一瞬だった。しかし、間髪を入れずにロナウドの同点ゴール。

 試合が終わった後のインタビューで玉田が「あの先制ゴールがブラジルの闘志をかきたてた」と言っているように、やられたら即やり返すという闘争本能がブラジルの今までの勝利に繋がっていたんだと思う。絶不調だったロナウドに見事な復活劇まで与えてしまった。

 今回のワールドカップを振り返って敗因を今さらながら探ってもしょうがない。明らかに実力の差なのである。日本の選手の力はまだまだ世界では通用しなかったということで、きっぱり諦めた方が気が楽である。

 それにしても、後半はテレビを消してしまいたいくらいの不甲斐無さだった。が、事実を直視するのも、サッカーファンの使命だと思い、ブラジルのゴールを食らう瞬間をじっと我慢して見ていた。

 結果は4:1で惨敗した日本を見て、もうこれで2度と得点を入れられないんだと、変な安心もしていた。

 ただ、一つだけ、ものすごく不愉快になったことがある。それは、試合後、中田がショックのあまりグランドで立てなくなり、10分以上は寝そべっていたことだ。他の選手が心配して覗きにきても、タオルをかぶって落胆ばかり。

 確かに中田ヒデにとって、これが最後のワールドカップだと断言していたから、その悔しさは手に取るように分かる。でも、しかし、あの駄々をこねたような寝っころがりは、見ていて不愉快だった。「俺がここまでやったのに、日本のほかの選手の力のなさが許せない。俺はこんなに落胆して悔しがっているのに他の選手は違う」とばかりの一大パフォーマンスのように見えてならなかった。

 私は敗因はこの中田の寝っころがりだと思った。日本チームの心はオーストラリア、クロアチア、ブラジル戦のどの試合中でも、多分バラバラであったのではないだろうか?

 中田のロングシュートは素晴らしい。しかし、サッカーは11人のプレイヤーの心が一つにならなければ勝つことは不可能だと思っている。泣き泣きインタビューに答えた中村俊輔の落胆も玉田の悔しさも中田とどこが違うのであろうか?中田はクロアチア戦のメンバー交代で稲本が入った時、細かく指示を出している姿も私は見落としていない。世界の中田であるから許されることなのだろう。ジーコ監督以外にもう一人の監督がいるような感じがした。

 ブラジルは攻撃された途端、多少バラバラだった心が一つになり、一丸となってお互いを尊重しながら、敵に食らいつき倒そうとし、そして命がけで守ろうとする。

 スポーツも人間関係が大切なことを教えてくれたワールドカップであった。
スポンサーサイト
宝塚記念にマリリンも参戦します! | Home | 最後がブラジル戦か…。

コメント

ヒデの思いは、、?

私も記事で中田英のことを少し書きました。個人的には私がサッカーに惹かれた引き金となった選手なので、かばってあげたい気がするのですが、、瀧澤さんの論評は厳しいですね!(笑)
ただヒデは常に世界と戦う為の高みのサッカーを、求め描いていたように思います。
ヒデが他選手と違うとすれば、本当の意味でどれくらいの質のサッカーをしないと世界に通用しないかを知っている選手でしょう。
チーム全体の真剣勝負としての甘さ、求めたサッカーとのギャップの大きさの失意、リーダーとしての自分への苛立ち、全てが終わった時の交錯する思いは本人でしか判らない世界として、私は寛容的にあの光景は眺めていたのですが。

私の競馬デビューは秋の「天皇賞」アイフル、ハーバーヤング、ロングホークで決着したレースです。タニノチカラは少し前ですね!トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスの時代へと移行して行きます。

2006/06/24 (Sat) 01:21 | trueofx #- | URL | 編集
trueofxさんへ

中田ヒデに関しては色々なご意見があって当然ですよね。あれだけのプレイヤーなんですから。

trueofxさんのお気持ちもよく分かります。ワールドカップの最後の最後まで、中田はファンに色々な思いや余韻を残してくれました。きっと、あと数年したら、ドイツのワールドカップの日本はこの中田の寝っころがりにシンボライズされのではないでしょうか。

ということは、やはり、中田は天性のプレイヤーだけでなく、人生の演出家としても素晴らしい人物、賢い人物であったことが判明するかもしれませんね。

昔は勉強ができるヤツはスポーツがダメ。スポーツができるヤツは勉強ができないアホ。もう、そんな時代はとっくに終わっていることを、今さらながら、中田君は教えてくれましたね。


2006/06/26 (Mon) 10:11 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。