スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツに応援に行った息子からの電話

ワールドカップ。たった今、日本VSオーストラリア戦の結果が出た。


3対1で日本が敗れてしまった。この日だけを楽しみにジーコジャパンを応援に行った息子からたった今、電話があった。


「日本、弱すぎ!もう、いやだよぉー」と泣きそうな声だった。カイザースラウンテル球場にいる日本人サポーターの落胆した声も電話から聞こえてきた。なんとも、いやーな生の瞬間に立ち会ってしまった。テレビで見ていても、がっくりしてしまうのだから、ドイツにいる日本人サポーターの気持ちは…。うーん。


しかしよく考えると、確かにオーストラリアは強かった。前半、中村俊輔の先制ゴールはゴールと言うよりは、もうけもん、めっけもんのゴールだった。日本チームはこの試合で1度たりともきちんとした見せ場は作らなかった。高原もいつになく思いきりが悪く、柳沢も怪我の後だったのか、動きが悪かった。オーストラリアに押せ押せされていた。


とは言え、やはり、日本が負けたのは悔しい。どっと気分が悪くなった。現地にいる息子によると、30度以上の暑さにはバテたと言っていた。初戦であるから、日本人サポーターの数もそれは多かったと沈みながら言っていた。


それにしても、やはり、悔しい。日本中が落胆する日は6月12日だけのこの日だけにしてもらいたい。次はクロアチア戦。もう、これだけは譲れない。絶対に絶対に負けてほしくない。気持ちを入れ替えて次の戦いに全力投球してよぉー!ジーコジャパン!それにしても悔しい!!


カイザースラウンテル球場にいる日本人サポーターの落胆する生の声をこの耳で聞いてしまったので、なおさらである。


今日の夢見は悪そうだ…。トホっ。

スポンサーサイト
カポーティ | Home | プライドと偏見/馬券売り場から

コメント

勝利への執念が足りなかったのかも?

息子さん、現地から電話したくなるほど落ち込んでいたんでしょう。
テレビで見ていても悲しかったもの。
オーストラリアではサッカーはメジャーなスポーツではないので、国全体がチームにあまり期待していないそう。だからこそ見返すつもりでゴールへの執念を見せたのかも。アボリジ人の血も戦いには向いているし。応援することしか出来ない私がえらそうに言ってはいけないかも?だけれど、次回戦ではもっと貪欲に勝利を求めて欲しいです!

2006/06/13 (Tue) 14:33 | さんちゃん #- | URL | 編集
貪欲な勝利

さんちゃんへ。

さんちゃんも落胆なさったお一人なんですね。今朝の目覚めは最悪でした。日本がオーストラリアにゴールを決められたテレビのニュースなんか見たくねー。うんざりでした…。

そうですよね。確かに日本にいつも足りないのが勝利への貪欲さ。ハングリー精神。息子の話では、カイザースラウンテル球場の気温は35度くらいあったそうです。でも、日本の選手もオーストラリアの選手にとっても条件は同じ。暑さでバテたからなんていう理由は成り立ちませんよね。この日のために、ジーコジャパンはがんばってきたわけでしょ?

とにかく、競馬と同じで勝負の世界では何が起こるかわからない。クロアチア戦では、もうこれが最後、「絶対に勝つしかない」と中田が言っていたように、勝つしかない!ですよね。

その言葉を信じて18日のクロアチア戦、一生懸命応援しましょうね!
最後の最後まで日本の勝利を願いましょう!!。競馬もオモろいけど、サッカーも大好きなマリリンです。生きている間に、日本がワールドカップで優勝する瞬間、とっても見たいんですよぉー!


2006/06/13 (Tue) 18:50 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。