スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドと偏見/馬券売り場から

幼馴染のS子は51歳になって初めて働いたという、かなりレアもんの女である。


S子の実家は代々商家の大金持ちで、大学生の頃に、銀座「かねまつ」で靴をオーダーしたり、築地「吉兆」で最高級の懐石料理を食べたりしていたお嬢さんである。嫁ぎ先もこれまた、大金持ちだったので、S子は働くことなく、51歳まできてしまった。


しかし、子供を社会人にしてからは、家庭にいても暇で暇でたまらなくなり、某デパートの物産展売り場の派遣社員になった。51歳で初社会デヴューを果たしたS子の愚痴はあまりにも新鮮だった。


「まったく、世の中には下品なヤツばかり。店舗の男性スタッフはセクハラするし、お客だって嫌なオババばかり。お金貰うのがこんなに大変だと思わなかった。時給1000円のために、プライドずたずた、何も得るもんなんてなかったよ。」


確かに接客業は大変である。私は中山競馬場の馬券売り場で30年も働いてきたから、身にしみてわかる。しかし、ジャッジを下すのが早すぎるS子に、まだまだそんなこと序の口で、もっと、凄いことが起きるかもしれないから、いいこともあるかもしれないから、もう少し我慢したら、とアドバイスした。


そして、私はS子に中山競馬場の発売窓口でのエピソードを吐きそうなくらい話してあげた。デパートの物産展に来るお客はあくまでも消費者であるが、競馬場のお客は消費者のようでいて消費者ではない。賭場のお客であり、私は胴元の使いっぱしりなのである。


セクハラと言えば、ハイセイコーが走った頃、18歳の私は窓口のお客におっぱいをギュッと鷲づかみにされたこともある。30歳の時には、「ねーちゃん、結婚してんの?今晩、一発やんない?あっちにだけは自信あんだよ。俺」とも言われた。しかし、あっちに自信があると言ったお客の顔をまざまざ見ると、海で溺れたコメディアン、タコ八郎みたくて、とてもあっちに自信がある男だとは思えなかった。


また、馬券の打ち込みを間違えた時に「おめー、何やってんだよ!アッタマわりぃーなー、おめー!きーつけろよ」と怒鳴られた。私をアッタマわりぃーと罵ったお客の顔をまざまざ見ると、これまた、漫画の「天才バカボン」のパパみたくて、「オメーにだけは言われたくねーよ」と心で言った。


それは色々なことがあったが、振り返れば、この仕事に携わってきたから、人を見る目が養われたような気がする。ぬくぬくとした温室では綺麗な花しか見れないが、野生では醜い草花も目にすることができれば、温室では絶対に咲くことのできない美しい花も見ることもできる。


S子は仕事を始めて、一ヶ月。まだ、まだ、物産展に来るお客には様々な人がいるはずである。お嬢のS子から見た、その人物風景が絶対聞きたいので、S子にはもう少し働いていてほしい。


もしかしたら、「物産展に群がる、暇持て余した、食い気だけしかないババァーの実体」なんてルポも書けそうじゃん。


 


 

スポンサーサイト
ドイツに応援に行った息子からの電話 | Home | 結婚したい…。

コメント

はじめまして

はじめまして!サーフィンしててのタイトルからの飛び込みです。
あははっ、中身がオモロイ!
中山競馬場は長いこと庭でした!競馬場に来たもののスタンドでレースを観るのではなくて、馬券売り場とモニターテレビの両方に近いところに新聞紙を広げて陣取るタイプでした。
ひょっとして瀧澤さんの窓口で買ったことあるかもね!

2006/06/20 (Tue) 19:46 | trueofx #- | URL | 編集
笑っていただいて、うれしいです!

trueofxさん。

拙稿で笑っていただいてありがとうございます。今読み返して、自分でも笑っています。競馬場にくるお客はネタになる人ばかりです。競馬は1日にうちに喜怒哀楽の全てを味わうことのできる人生ゲームですからね。

trueofxさんは、いつごろから馬券売り場に足を運ぶようになったんでしょうか?もし、私の窓口で馬券を買っていたら、すでに遭遇していたということですね。書き込みありがとうございました。

2006/06/21 (Wed) 06:10 | マリリン #- | URL | 編集
おかしくて、涙がでました。

瀧澤陽子さんって、どんな人なのか興味がありました。
「競馬場のマリリン」を読ませてもらい、今までにない面白い競馬本だ思っていました。最近、マリリンサイトを偶然に発見して、毎日のブログをとても楽しみにしています。
上の方と同じく、馬券売り場でのエピソードには大笑いでした。人を文字で笑わせるのって、偉大だと思います。瀧澤さんは硬いものから柔らかいものまで書ける女性エッセイストさんだと思います。気取りがなくて正直で大好きです。これからもブログ楽しみしてます。「天才バカボン」は不世出の漫画で、私はピストルおまわりさんが好きです。

2006/06/21 (Wed) 10:10 | バカボンのパパ #- | URL | 編集
十分網羅しています!

20年以上過ごした地が中山競馬場に近い所でした。競馬歴は学生時代からで(笑)、30年を超えます。十分瀧澤さんと重なると思いますが、、
瀧澤さんの一番お綺麗だった頃の年齢も網羅してるはずです!(キッパリ!爆)
えっ?今も美貌を保っていらっしゃる?失礼致しました。(笑)
おそらく同じくらいの年齢だと思いますよ。

2006/06/22 (Thu) 01:52 | trueofx #- | URL | 編集
バカボンのパパさんへ

とても、うれしいコメントありがとうございます!!!

すごくすごくうれしいです!拙著をお買いになり、お読みいただいただけでも感謝感激ですのに、「マリリンの独り言」のご愛読者にまでなって下さって、心からお礼申し上げます。

「瀧澤陽子さんってどんな人?」のお答えは拙著とこの拙いブログをご覧になれば一目瞭然だと思います。過激でHでお笑いが大好きな競馬好きのババァです。これからも、ごひいきにしてください。ちなみ、今年の秋に「競馬場のマリリンパート2」(仮題)を出版予定でおりますので、この答えはこちらにも一杯でてくると思いますので、よろしくお願いします。
(宣伝でした。ごめんなさい(^.^))

「天才バカボン」は私も大好きです。というより、赤塚不二夫の大ファンです。「もうれつア太郎」「おそ松くん」「ギャグゲリラ」皆好きです。バカボンのピストルおまわりさんは別名、「めん玉つながり」ってご存知でしたか?

本当に心暖まる、励みになるコメントありがとうございました!がんばろーって元気が一杯でてきました。感謝です!

2006/06/22 (Thu) 10:23 | マリリン #- | URL | 編集
再び trueofx さんへ

ご返事ありがとうございます。

多分、 trueofx さんとは同世代ですね。競馬歴が30年なら、全く私と同じです。最強の馬はタニノチカラだと信じていませんか?

30年前の私?そりゃー、綺麗ですよ。今以上に。世間の方にいつも言われていました。「あなたは本当に罪な女ね」って。その理由はあまりにも美し過ぎるから罪だってことで。私が美をとったら、知性と痴性以外何も残りませんから。本当に罪な女でございますよー。

今は馬券売り場を引退して、外から馬券を買う身ですので、 trueofx さんの予想をご参考にさせていただきますね。とりあえず、宝塚記念には私も参戦します。コスモバルクの応援です。「大宇宙」が「深い衝撃」をやぶれば、これもまた面白くなりそうですね。

2006/06/22 (Thu) 10:32 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。