スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチコード

本日、早々と話題の映画「ダ・ヴィンチコード」の完成披露試写を拝見しました。


さて、私の感想は下記の3つの中の一つでした。


①期待したほど面白くなかった。


②まーまー楽しめた。


③ぶっ飛ぶほどよか映画だった。


5月20日から全世界同時公開です。ご覧になられた方のご感想がいただけるとめちゃうれしいです。皆様のご感想をいただいた時に、お答えいたしますので、よろしくお願いいたしま~す。なんだかゲームみたいですが、この映画は暗号解きがテーマですので、マリリンもクイズ方式にしました。

スポンサーサイト
コスモバルク、早く戻っておいで! | Home | 信じて、愛して、よかった!(コスモバルクは世界の王者になった)

コメント

「ダ・ヴィンチ・コード」感想は②?

②の「ま~ま~楽しめた」に一票入れま~す!
私の感想が②なので・・・。
ラングドン教授らと共に謎解きをしながら、各所を旅するのはとってもスリリング。その展開の速さも悪くなかった。
でもでも・・・
最後まで何に対しても感情移入できなかった私。(だから原作も上しか読めなかったんだけれど・・・。)

マリリンさんはどうでしたか?
物語に入り込めましたか?

2006/05/22 (Mon) 21:04 | さんちゃん #z8Ev11P6 | URL | 編集
マリリンは①でした!

さんちゃんへ。

③でなくて、よかった!この映画がぶっ飛ぶほどよかったと言われたら、どうしようかと思いました。

世界同時公開、試写の設定もカンヌ映画祭と同じまで引っ張ってきたので、それほどの自信作ならばと思い見ましたが、上映30分くらいでコケました。確かにキリスト教冒涜という点が分からなくもないのですが、それにしても、これはフィクションですから、キリストが神でなくて人間だった、という話が出てきても、私はなんとも思いません。

ただ、映画そのものにおいて、なんのエンターティメント性や魅力が全く無いんですよね。監督は何を撮ってもそつなく作るロン・ハワードで、この人の作品ならば、はずれはないのですが、今回は見事にコケました。

こんなつまらない謎解きならば、ニコラス・ケイジ主演の「ナショナルトレジャー」の方がずっと面白かった。

「ダ・ヴィンチ・コード」は公開する前に、あまりにももったいつけた宣伝をしたのもいけない。人々の期待が大きすぎて、「なんだ、こんなもんなの?」という肩すかしをくわせてしまったかも知れないですね。

原作は上巻までは何とか読めたが、下巻までは淘汰しなかった人がたくさんいたそうです。図書館に勤める友人が、上巻の予約はたくさん入っていたけど、下巻だけは残っていた、そんな現象もあったそうですよ。

2006/05/23 (Tue) 00:13 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。