スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリリンの10大ニュース(2005年度)

1位  【21年ぶりの無敗の3冠馬、ディープインパクト登場!!】
 
 11年前のナリタブライアンの3冠の時でも、今回のディープインパクトの時でも、同年代の他の馬に力がなかったから3冠が取れたという屁理屈を言っている競馬メディアの方が多々いますが、私は大反対。なんであれ、中山、東京、京都競馬場という全く違った馬塲で、そして、全く距離の違うレースを、怪我も病気もなく無事に完走して、栄冠を勝ち得るのですから、これはやはりすごいことだと思います。生憎、有馬記念では無敗の4冠にはなりませんでしたが、2005年、ディープインパクトの3冠は非常に価値のあるものでした。

2位  【コスモバルク復活の兆し!!】

 去年のジャパンカップ以来、ちょっと負け癖のついてしまったコスモバルク。香港チャンピオンズマイル、宝塚記念、毎日王冠、ジャパンカップはいい成績ではありませんでした。負けると潮が引いたように、すーっと人気が落ちるのが競馬。でも、これは競馬だけではありません。芸能人、スポーツの選手、もちろん作家などにも当てはまりますよね。でも、マリリンはコスモバルクが甦るのを心から信じていました。ですから、2005年、無敗の3冠馬ディープインパクト、強豪ゼンノロブロイやタップダンスシチーと戦った有馬記念で、4着を保守したバルクの底力を信じ、応援してきて、本当に良かった!

3位  【マリリン、JRAを退職】

 33年間、席を置いた中山競馬場を辞めました。人が売る窓口が少なくなり、自動券売機が台頭する発売所ではどうもマリリンの本領を発揮できなかったのかもしれない。競馬はどんどん変わっていきます。ちょっと寂しいことですが、外から見る競馬にも新鮮な感動ばかりです。


4位   【マリリン、更年期障害を克服!】

  42歳の頃から、マリリンを苦しめていた更年期障害。閉経前後10年間、女性の80%に起りえるメノポーズです。ヒャー、約10年間、マリリンはありとあらゆる不定愁訴と戦いました。不定愁訴というのは女性ホルモンの減少からくる得体の知れない症状で、日々、手を変え品を変えの辛い症状が襲います。めまい、肩こり、手足のしびれ、震え、不整脈、鬱、耳鳴り、血圧の変動etc。この病気(実際は病気ではないから治療薬がないんです)はかかった女性にしか分からない試練。でも、2005年になって、マリリンはやっと乗り越えることができたようです。もし、更年期でお悩みの方がいらしたら、マリリンにお知らせください。弱小ですが、力になりたいと思っています。

5位   【ロッテ31年ぶりに日本一】

  ロッテファンになってから約6年。野球音痴のマリリンに、野球の魅力と素晴らしさを目覚めさせたくれたのがロッテでした。でも、6年前から去年までのロッテは驚くべき、チョー弱いチームでした。それでもマリリンは足繁く千葉マリンスタジアムに通い、大好きな福浦君、サブロー君、小坂君(巨人に移籍したんですってね?)を応援していました。ですから、2005年になって、ジョニ黒こと黒木投手の復活。そして、31年ぶりの日本一にはうれしくて気絶!ロッテを信じてよかった!!!「ロッテの辞書には不可能はない」でした。どんなにダメな人間だと烙印を押されていても、努力してがんばれば人はいつかは栄冠を勝ち取ることができる。そんなジャパニーズサクセスストーリーともなる優勝でした。

6位   【耐震偽装事件に恐怖】

 姉歯元建築士、木村建設、ヒューザー、総合経営研究所。言ってることはみんなバラバラの自己保身の責任逃ればかり。でも、この事件の何が恐いかと言うと、これは氷山の一角で、もしかしたら、どこの会社でもやっているのではないかという疑念です。お気の毒なのは、何も知らずに信じてマンションを購入した被害者の方々。ローンは残り、家には住めない。こんな矛盾は許せません。


7位   【夫がぎっくり腰で入院】

 結婚25年目が「銀婚式」です。よくここまで、一人の男に操を捧げてきました。ま、ブラッド・ピッドやジョニー・ディップ、ジョン・ボンジョヴィ、ヒップホップダンスのG先生、美容室「E」の担当のT君、某映画宣伝部のFさん、某出版社の編集者K君には精神的な浮気はしたものの、離婚までは到りませんでした。
 「亭主元気で留守がいい」の丈夫だけが取り得の夫ですが、今年の夏、結婚以来初めて、5日間ほど入院しました。病名は「ぎっくり腰」。なんと、夫はフィットネスクラブで80キロのバーベルを持ち上げ、スクワットをやっていました。4回目のスクワットの時、「うっ!おかしい」と思った瞬間、激痛が腰に走り、吐き気がして意識が朦朧としたそうです。気がついた時には整形外科の病棟に一室にいたそうです。妻のマリリンが駆けつけると夫は「痛い、痛い、動けない」と涙ぐんでいました。一瞬かわいそうだなとは思ったのですが、アディダスのトレーニングウエァのまま入院している姿を見て、「バっカじゃん」と思いました。トレーニングウエァのまま救急車に乗った人も珍しいと担当の看護士さんに皮肉も言われてしまいました。普段から鍛えているとはいえ、限度というものがあります。80キロのバーベルじゃ、51歳のおっさんには危険ゾーン。年を考えろーっての!
 病院から戻ったマリリンは生命保険証のチェック。5日間入院でいくらお金が戻ってくるかと計算しました。なんとか、かかったお金の80%は戻ることがわかり、どっとひと安心。これが、結婚25年目の夫婦の実態なんでしょうかね。

 
8位   【三島由紀夫生誕80年、没後35年記念展】観賞

 2005年4月23日~6月5日まで、神奈川近代文学館で行われました。作家・三島由紀夫が市谷駐屯地で割腹自決したのが、1970年の11月25日。マリリンは高校1年生でした。この日のことを忘れません。生物の授業を受けていたら、先生が突然、「作家の三島由紀夫が自殺しました」と生徒に伝えました。詳細は分からなかったのですが、ちょうどこの頃三島文学に目覚め、「仮面の告白」を読み終えたばかりでした。帰宅すると、ニュースは「盾の会」の会員と三島の自決の話題ばかりでした。その日付けの新聞も、もちろん、三島の生首の載った当時の週刊朝日も大事にしまってあります。「死こそ最高の美学」なのかもしれませんが、三島の最後の姿は美しくはありませんでした。しかし、最近、これは私の一元的な幼稚な見解かもしれないと思い、また三島由紀夫と向き合うことにしました。それが「三島由紀夫ドラマティックヒストリー」展でした。達筆で直しのない完全に近い生原稿や書間をみているうちに、45歳で自らの人生に終止符と打った三島の最後の姿は決して綺麗ではなかったが、「鏡子の家」「美徳のよろめき」「愛の渇き」「午後の曳航」「禁色」「金閣寺」「青の時代」「宴の後」そして、ライフワークともなった「豊穣の海」と、45年間に生み出された数え切れない傑作そのものが、まさしく三島由紀夫の美学であったのだと、感慨無量になったのでした。


9位   【映画「スタンドアップ」は本年度ベストワン】

 今年見た映画は去年よりずっと本数が減りました。でも、その中でも最高に良かったのが、「スタンドアップ」。映画評の方に書いてありますが、シャーリズ・セロンはゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされました。ということは、アカデミーに繋がるかもしれないですね。うん、納得のノミネートです!


10位   【ボンジョビがローリングストーンズに勝つ】

 ローリングストーンズ来日公演ライブが来年の3月ありますが、なぜか老いたミックやキースを見たくないので、チケット購入を諦めました。70年代席巻した、あのストーンズを諦めて、なぜか今がしゅんのボンジョビのチケットを選びました。これは、ちょっと複雑で勇気のいる決断でしたが、偏屈なマリリンはあの不良のミックのシワ顔や衰えつつある体を見たくない。私の中のストーンズは、私の青春時代の中にだけ存在したような気がするからです。ミック、キース、チャーリー、分かってね。ごめんね。マリリンもあなたたちと同様、オババになってしもったのよー!さみしぃーっ!
スポンサーサイト
新宿の編集者 | Home | 百均(ひゃっきん)と有島武郎

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。