スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激安下着店で思ったこと

 友達のゆっこちゃんと本八幡でランチした。朝から大荒れの天気だったが、ゆっこちゃんに会いたいのと、駅前にある激安下着店にも行きたかったので、何度も大風に吹き飛ばされそうになったが、ママチャリこいで出かけた。


 チェーン店のイタ飯や「グラッチェ」でドリンクバー付880円のスパゲッティセットで2時間ねばる。お互いの仕事の愚痴やら、更年期障害の不快な症状の悩みなど、同年代のオバサン同志話が尽きない。


 長いランチが終わって、行き着けの下着屋に直行した。ここの下着屋さんほど安い店は日本中にないと思っている。なんとAカップのブラジャーとパンツのセットで399円。素材もしっかりしているし、何よりも最近の下着屋さんにはAカップのブラジャーを売っているところは少ない。昔はAカップが標準だったのだが、いつのまにか私の知らないうちに、日本の女は胸がでっかくなってきて、Cカッが標準になってしまったようだ。ぐやじぃー


 ベージュ、ピンクのブラパン(たった今私が作った言葉。ブラジャーとパンティの合体語)を2点買い、ヒップホップダンスの練習用に499円のカーゴパンツを買った。黒のTシャツが99円だから、それも買った。全部で1500円にもならない。すご~い幸福感。私は安物が大好きなんだ。


 私の買った下着はどこにでもあるようなコンサバ系だが、隣の陳列台にはTバックのパンティ付のヒラヒラがついた紫、黒、黄色、赤などの妖艶なH系のブラが置いてあった。


 ゆっこちゃんが「こんな派手なの買う人もいるんだろうね?」と言った。私は「ま、こんなエロいの買う女は絶対、男に熱愛している女だと思うよ。だってさ、Tバックなんかはいたらお尻の割れ目にくいこんで痛いにきまっているじゃん。それが我慢できるほど好きな相手じゃないとはけないと思うよ。絶対に旦那のためになんかはかないよ」と答えた。


 そんなことを話していたら、60歳近い小奇麗な女性が私たちの側に来て、派手派手のブラパンを物色し始めた。私たちは息を止めてその様子を観察していた。なんと、その女性はショッキングピンクと真っ黒なブラパンセットを選び、さっさかレジに向かって行くではないか!私とゆっこちゃんは驚き仰天。実際にこんなH系の下着を買ったのが、なんと60歳になるような年増の女性だったからだ。


 「驚きだね。あんな年増が買うなんてさ。きっと、若い恋人がいるんだよ。映画の『東京タワー』の寺島しのぶだって、派手な下着つけて、若いにーちゃんに迫っていたもんね。」と私。ゆっこちゃんも納得したように相槌を打った。


 某福祉事務所で働くゆっこちゃんは、「最近の年寄りは凄いよ。三角関係で一人の女性をめぐって決闘でもするような血気盛んな男性老人がいたのよ」と言った。なんと、女性の年齢が80歳でその女性を奪い合う男性二人は85歳だそうだ。すげー!マジに日本は高齢化社会だと実感した。


 うん、だったら、ショッキングピンクと真っ黒のブラパンセットを買った女性はまだまだ可愛いギャルみたいなもんだもんね。そしたら私の年齢なんか、まだまだコギャルみたいなもんだもんね。俄然勇気が出てきた私は、思い切ってTバックのセットを買おうかと思った。しかし、見せる相手がいないことに気がついて、へこんだ。もし、ジョン・ボンジョヴィみたいな美しい恋人がいたら、私だってお尻がどんなに痛くなろうがTバックはくしぃー!垂れ気味の胸を肉厚パットの入ったブラで寄せて上げて、悶えて迫るしぃ!


 ま、ジョン・ボンジョヴィはお金を払っても嫌だって断るのが目に見えているけどね…。やっぱ、女はいつまでも恋をしていないとダメだっつぅことかなぁ。なんか、最近めっきり男に興味がなくて、色気のない自分が不安になった一日だった。

スポンサーサイト
空の巣症候群 | Home | おめでとう!石橋守騎手!

コメント

ドイツの男性下着

楽しく読ませてもらいました!日本ほど下着がおしゃれで、しかも実用性を兼ねそろえている国はないように思います。男性の下着もそうですよね。
実は・・・
ある男性、仕事で長期滞在したヨーロッパで、新しいbriefを購入しようとしました。
ところが、欲しいものがみつかりません。
前開きのものが見当たらないのです。

あちらでは、前が開いていないのが普通だそう。肝心な時には、全て下ろしているそうですよ。不便ですよねぇ?

2006/04/25 (Tue) 23:57 | さんちゃん #- | URL | 編集
さんちゃん、カキコありがとう!

さんちゃんへ。

ヨーロッパの男性の下着は前が開いていない?では、トイレでは、ズボンもパンツもおろして用を足すということですよね。

ずいぶん、面倒なパンツですね。なんで、ヨーロッパではそんなブリーフを作ったのか、とても興味ありますね。

確かに日本は下着の種類が一杯あって、これはお風呂が好きな日本人につながるような気がしません?

イタリア人の男性のお風呂に入る時間は平均1分だそうです。どこをどう洗っているのか、不思議です。だから、イタリア人男性はこ~くて情熱的なんでしょうか?ブリーフの前が開いてない理由がどうもこのあたりにあったりして…。

2006/04/26 (Wed) 06:00 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。