スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騎手・マリリンヨーコ

19日(土)、船橋競馬場の駐車場でホースセラピーのイベントがあり行ってきた。ホースセラピーとは馬の歩くリズムによって、情緒の安定、リハビリ効果をもたらすセラピーだ。障害をもった人たちだけでなく、健常者の健康管理にも効果があるという。

約8頭ほどのお馬ちゃん(セラピー用にしつけれているので、めちゃくちゃおとなしくて可愛い)と小さな子供たちのためには約3頭のポニーちゃんがやってきて、参加者を楽しませてくれた。障害のある人の気持ちは、健常者の私には決して分かり得ないものがあるかもしれないが、一緒に参加して、ともにお馬に騎乗し、片時でも微笑み会える時間が共有できて、感無量だった。

私が乗ったお馬は11歳のクリゲちゃん。ちょっと見にはアグネスデジタル。騎手・マリリンヨーコは颯爽と騎乗。パカっ!パカっ!パカっ!いい音色。お空を仰いで、パカ!パカ!パカ!うん、最高の気分。気持ちいい。クリゲちゃんの体温がマリリンヨーコの太ももに、お尻にジワーって伝わって、暖かい。もう、病み付きになりそうだった。

騎乗した後、某新聞記者からインタビューを受けた。

●記者  
 「どうでしたか、怖くありませんでしたか?」
●マリリン 
「そうですね。道中、ちょっと、手綱を持つ手にチカラが入って、クリゲちゃんを驚かせてしまいそうで、いや、まずいな!って思いましたが、後半はいつものペースに戻れました」

●記者   
「これからもこのクリゲちゃんとはいいコンビになりそうですね?」
●マリリン
「そうですね。古馬とはいえまだまだ、子供子供しているので、今後の成長が楽しみですね。それと、またこの子には是非騎乗したいと思いました」

●記者   
「そうですか。是非、また機会を作って騎乗なさってください。どうもありがとうございました。お疲れ様でした」
●マリリン 
「そうですね。ありがとうございました。お疲れさまでした。」

とテレビの勝利ジョッキーインタビューのマネしている自分がそこにいた。
スポンサーサイト
虚実皮膜(きょじつひまく) | Home | バカの壁

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。