スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・ビッグ・ファット・ウエディング

 ここんとこ、シネマライターしてる。

昨日もパークハイアットホテル新宿で、今大ヒットしている映画「マイ・ビッグ・ファット・ウエディング」の来日記者会見があって、取材に行った。

一般公開されているのだが、まだこの映画は見ていない。ドン臭い、めがねをかけた、チョーダサい在米ギリシャ人女性が恋人を見つけ、結婚するまでの話だ。

単にそれだけのシンプルなストーリーなのに、この映画は「ロード・オブ・ザ・リング」の興業収入に追いつく勢いで、人気がうなぎ登り。制作費も宣伝費もかけられなかったため、見た人が口込みで宣伝し、いつのまにか世界に広がった映画という。莫大な宣伝費をかけても、売れない映画は売れないという現実の中で、やはり、いい作品は必ず見た人に感銘を与えるのだろう。

主役のニア・ヴェルダロスは初めての主役作品。売れない、チョイ役の女優から一気に主役を勝ち取った、まさにアメリカンドリームそのものの女優さんだ。下積み生活が長く、苦労した期間が長かったせいか、メグ・ライアン、リブ・タイラー、ジュリー・アンドリュースなどのビッグ女優らの、華々しい記者会見の時とは、全く違って、庶民的でウイットに飛び、とっても心暖まる記者会見だった。

目頭が熱くなった、感動的彼女のコメント。

「撮影中、プロドューサーのゲイリー・ゲッツマンや監督のジョエル・ズウィックに『ニア、ちょっとおいで』、って手招きされると、私は怖くていけなかったの!手招きされて今まで、いいことなかったのよ!だって、端役の時なんて、プロドューサーや監督に呼ばれるときって、ファイヤー(クビ)を意味していたから。つまり、アクトレスチェンジなの。だから、今回でもゲイリーに呼ばれたりすると、クビかなって、いつも恐れていたのよ」

うーん。確かにこれは下積み生活と苦労を重ねてきた女優の本音だと納得した。そんな苦労話を明るくユーモラスに語るニアに親近感を覚えてしまった。40歳にしてアメリカンドリームを勝ち取った女優ニア・ヴェルダロス。「人生は競馬と同じ何が起こるかわからない」なんて、独り言言っていた。

とにかく、「マイ・ビッグ・ファット・ウエディング」は見に行かなければ!
スポンサーサイト
サイパンで読書 | Home | 虚実皮膜(きょじつひまく)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。