スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブラヤオーとホームページ

今週は「競馬場のマリリン」公式サイトがやっと出来上がったその日に、我が愛しのカブラヤオーの訃報が届き、混乱とパニックと悲しみと寂しさで、頭の中がぐちゃぐちゃだった。

 6月13日、31歳の誕生日の時にはとっても元気だった。秋風が吹いたら、那須の軽種馬に会いに行こうと思っていた矢先の訃報。人は大往生、人々に深く愛されて、幸福だった、と言う。確かに論理はそうだ。しかし、頭が理解しても心が理解できなかった。まだ、この時点でも、悲しみは変わらない。

 カブと私の出会いは30年も前に遡る。思い出は深く、彼への愛はとても一言では語り尽くせない。いつか、もっと時がたって、心が理解できるようになった時、その思い出を綴ることにしよう。


 しかし、公式サイトが出来上がった日に、カブが死んでしまうとは!カブが「逃げなければ、生きられなかった、オレのこと、皆に語り継いでね!」という遺言を残して、この世を去ったとして、今は自分の気持ちをなだめることにしよう。

 
 競馬、映画、ロックと私の人生に必要不可欠の文化3つにスポットを当てて、立ち上げてみた。全くホームページの知識がなかったので、かなり、大変な作業だった。それぞれのコンテンツには、まだ不足の点、未熟な点があり、今後の更新で楽しみながら、色々アレンジしていこうと思っている。


 ホームページ開設の目的は、「笑いとペーソス」がコンセプトだ。好きなコンテンツに好きなときに入り、好きなことを書けばいい。パンドラの箱みたいに、何がでてくるかわからない。3つのコンテンツ以外のことももちろんかまわない。恋の悩み、仕事の悩み、私が苦しんでいる更年期障害のこと、政治、経済、旅、食など、何の情報がでてきてもかまわない。

 生身の人間の肉声、本音が飛び出してくれれば、もっといい。人々が生きていく上で、必ず、それぞれの文化はクロスしてくるはずだ。ほんの一瞬でも、息を抜いて、リラックスしてくれれば、本望だ。

な~んて、ちょっと私にしては、マジになっているが、とにかく、ホームページが無事開設して、ホッとしている。
スポンサーサイト
お引越し! | Home | サイパンで読書

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。