スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わったぁ!

今日締め切りの原稿が今、やっと終わった!

800字程度のエッセーで、テーマは何を書いてもいい。でも、この何を書いてもいいが曲者で、実はテーマがあるほうが楽なのだ。

ま、御託並べてもしょうがないが、終わったのは事実。ホッとして、今は何でも許せる気分、充実感で一杯だ。締め切り日が一ヶ月前から決まっているから、もっと早く仕上げておけばいいのに、元来、怠け者の私は土壇場にならないと動かない。

今朝目覚めた時は、究極の焦りとイライラで、何を見ても聞いても腹が立つ。目覚ましテレビの大塚さんが大好きでも、今朝は大嫌い。「何よいい年して、ふにゃふにゃすんなっつうの!」とテレビに向かって大文句たれ、夫が「ママ、今日は夕食いらないよ!」っていう言葉に「ふん!分かってるよ!ワタシャ、飯つくりマシーンじゃねっつーの。いちいち言っていくなっつーの!」とハラワタが煮え繰り返え、洗濯機の終わりのお知らせブザーに「てめー、いちいち、知らせるんじゃねっつーの!」と怒り狂い、ノート型パソコンのふたを思いっきり開けた。

でも、ダメだ。何も頭に浮かばない。手がフリーズして、キーボードの上で硬直状態。仕方なく、ふたを思いっきり閉めたら、小指をはさんで、気絶しそうな痛さ。もう!なんでこんな仕事選んだの?大富豪、それもハンパなく大金もち(例えば、門から自宅まで、車で5分もあるような、西洋のお城みたいな家に住み、年収が100億の奥様)だったら、私は仕事なんかしたくない。中山競馬場でも働きたくない。年もとり美貌で勝負できなくなったので(いや、まだ勝負できるかも)、札束で顔をはたいて、若いチョーハンサム君を侍らかせ、やりたい放題(これはHの意味ではない)、言いたい放題。

そんな、夢見ながら、又もパソコンのふたを開ける。「やるっきゃない!っつうの」と自分に言い聞かせ、キーボードを打つ。不思議。今度は調子いいぞ。「お、このテーマで書こう」とホームページを立ち上げるまでの苦労話が、湯水のごとくテキスト形式の画面の中に溢れてきた。

ここまでくれば、もう後は簡単。たたきができた。後は文章の色づけと整理だ。もう、90%は出来上がったも当然。この瞬間、あのイラだったチョーこえーぇ砂かけババー状態の髪振り乱した私から、いつもの菩薩のような優しく美しい私に戻る。

そして、完全原稿の入稿。終わったぁ!この瞬間がまた、なんともいえない快感。きっと、今大好きなあの美しいジョン・ボンジョビに抱かれた時みたいな快感なのかな。ボンジョビにキスされたら、とろけちゃうだろうな、いや、ボンジョビよりもブラッド・ピッドのキスの方がいいかな、あ、ブラピもいいけど、妻夫木君もいい、竹野内豊君もいい、あ、馬だったら、やっぱ、引退しちゃっておとっつあん業に励んでる、タニノギムレットのキスもいいな、そんな想像を絶するような快感。

だから、原稿書くのは、なんだかんだ言ってもこの終わりの充実感と一人でサイコに喜んでいる自分がいるから、止められない。
スポンサーサイト
タニノギムレット引退式 | Home | お引越し!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。