スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36R,アグネスデジタル、アドマイヤグルーヴ、神戸新聞杯etc

まー、この一週間は地獄だった。締め切り原稿に追われ、ほとんどパソコンの前で鼻くそほじりながら、「うーん、あーん、えーん」の阿鼻叫喚。目やには出てくるし、鼻くそは出てくるし、髪の毛はバラバラ、恐怖の砂かけババー状態だった。

ま、きょうび、こんなオバサンにも仕事の依頼があるだけありがたいと思い、やっとなんとかドタバタから解放されつつある。

かなりインターバルを置いてしまったがもろもろの話題をインデックスしておこう。

【中山初日、京成杯AHで初36R全レース発売】9月13日(土)

中山開催から始まった完全36R売り。今まで中山でお馬が走っているときは阪神や札幌競馬は9Rからだけの発売だったので、36R売りが完全化され、1Rから5分起きの締め切りベルがなり、まー、慌しいったらない。競馬ファンを観察していたら、札幌、中山、阪神と各レースのオッズを確認しては大急ぎで5分起きに発売窓口に並ぶ。こっちから見ていても慌しく、気忙しく思え、窓口に来る若い男の子に

「どうですか?39R発売?楽しみが増えた?」

「いやぁー、疲れまっすよ!ずっとテレビに張り付いているから、目が充血してきちゃった。思考も鈍ってきた感じ。それに、今日はその割りに儲けていないし…」

可愛いおめめを拝見すると、うっすら白目に赤い線が何本か、大袈裟だが、かなり憔悴してそうだ。
やはり、まだ36R売りに慣れないのかもしれないが、発売売上金向上を狙った割りには売上金額は伸び悩みだったそうだ。今後どういう展開になるかは神のみぞ知るところ。私はなんともコメントできない。

【日本テレビ盃のアグネスデジタル】9月15日(月、祝)

船橋競馬場。初めての内側からの取材。

ジョッキーの検量室も着替えをするとこも全部、見せていただきました。でも、残念ながら、武豊君や四位洋文君の裸は見れなかった。

船橋競馬場のパドックは狭いので、わざわざプレス席でパドック状況を観察することもなかったのだが、やはり、1番アングルのいいとこにいたので、ドジカメでデジタルをバッチリ撮ってきた。マリリンサイトもやっと自分で更新できそうな気配。近々、リニューアルオープンとなりそうだ。その時、デジタルのめちゃくちゃ可愛い表情のチョーレア写真を載せよう。

とにもかくにも、やはり競馬は凄い感動的スポーツだと思った。アグネスデジタルは生憎、武豊騎乗のスターキングマン(馬主は見栄ハルさんだったのが意外、でも表彰式の笑顔は可愛かった、ちなみにテレビ盃の前日、和田アキ子の牝馬も優勝、船橋競馬場は芸能人馬主の連勝でファンも大喜びって感じ)に敗れてしまった。もう、そんなことはどうでもいいのだが、デジタルのレース直後の顔を見てびっくりだった。あのパドックのノホホーんとした、まったり顔からは想像できないような、精悍なエネルギッシュなまさしく男の中の男っていう感じの、マッチョな力強い表情に私は驚嘆していた。やはり、デジタルはやるときはしっかりやってんだ!やはり稀代の名馬だと実感。ただ、敗北はデジタル自身が知っているような感じで、鞍から下りた四位君がどことなく元気のないデジタルの体を優しく撫ぜまわし「いいんだよ!」ってぽつりと言った一言に私は涙がうっすら滲んでいた。井上厩務員さんも、いつになく厳しい顔をしていて、このメンバーでこの2着は「どうしても納得がいかない!」って言うような感じだった。でも、今度は盛岡競馬場の「南部盃」。デジタルはきっと雪辱をはらしてくれるはずだ。

【ローズステークス】

発売所内のテレビでこのレースをしっかり見ていた。
ピースオブワールド、もちろん期待の2冠馬スティルインラブの人気はダントツ。しかし、しかし、やはり、サンデーとエアの子供、アドマイヤグルーヴ、凄い脚でツッコンできました。ラブちゃんを密かに応援していたが、やはり母親エア譲りの強脚は恐るべし、秋華賞が楽しみだ。

【神戸新聞杯】

情報仕入れるのが遅く、サクラプレジデント、ネオユニヴァース、ゼンノロブロイ、ザッツザプレンティ出馬で、もうこれは菊花賞まんま。めちゃくちゃ楽しみだ。全頭、みんな見たことあるけど、やっぱ、ネオちゃんにがんばってもらいたい。3冠の前の箸休めって感じで楽勝してほしい。

約1週間にあった出来事だが、今はやっぱ、原稿が終わってホッとしていて、最大のラッキーなニュースになりそうだ。
スポンサーサイト
タミチャン社長、がんばれ! | Home | デブラ・ウインガーを探して

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。