スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新と3冠馬・スティルインラブとシービスケット

んとかマリリンサイトの更新が自分でできるようになった。長い道のりだった。数年前ならパソコンはかなり強い探究心と好奇心があったのだが、寄る年波には勝てないのかな…。かなりの時間を費やしてしまった。でも、いつでも、好きな時にページを変えることができるのは楽しい作業だ。

週末土日と富士吉田の忍野村に行ってきた。年2回ある忍野パーティ。富士山の裾野で昔の仲間が集まり、バーベキュー。炉を囲みながら冷たいビールにレアものワインでワイワイがやがや。とても楽しい会である。土曜日は生憎の小雨。しかし昨日の日曜日は晴天だったので、うっすらと雪化粧をした富士山が青空にくっきりと浮かび上がった。美しい。

富士山の美しさに後ろ髪引かれるたが、早めに帰宅してスーパー競馬が見たかった。スティルインラブが3冠なるかどうかが心配で、心臓がドキドキだった。ついに出たぞ、17年ぶりの牝馬の3冠!ゴール直前の差しには興奮で体温が3度ほど上昇したようだ。額に汗をかいていた。

来週は菊花賞。ネオユニヴァースがこれで3冠取れば、競馬の歴史を変えることになる。牝馬、牡馬とも3冠登場なんて、もう30年はないだろう。だからこそネオにはがんばってもらいたい。2冠までなら、あのカブラヤオーとテスコガビーの75年があったが、残念ながら2頭とも怪我のため、秋には出馬できなかった。

京都競馬場は今度で2度目。一度目はオペラオーの圧勝の春の天皇賞。セイウンスカイの長い休養明けの復活戦でもあったので、応援したが、セイウンはしんがりだった。淀の京都競馬場はトラックの中央が池になっていて、これもまた美しい。今週の土日が楽しみだ。

その前に今週締め切りの原稿が迫っている。シービークインをテーマにしたかなり長いものだが、彼女のことを書き始めたら、またミスターシービーが思い出され、涙腺がゆるんできた。

原稿を書く手を休めていたら、郵便ポストにUIP映画から「シービスケット」のプレスが10冊も届いた。セピア色の表紙のプレスの中に拙稿が載っている。拙稿の上には赤いブリンカーをつけたシービスケットが走っている。感無量だ。競馬そのものを扱った映画がアカデミー賞候補作品になるのも、多分、3冠馬の登場と同じくらい稀有なことである。競馬を知らない人にもこの映画は絶対に感動を与えることだろう。少しでも多くの人に見てもらって、競走馬の素晴らしさを感じてほ
スポンサーサイト
「無名」 | Home | 文章修行とキューバ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。