スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディーン・フジオカ



久しぶりにかっこいい男を発見した。連ドラの五大様ことディーン・フジオカさんだ。なんと、彼は私の地元の超進学校・県立船橋高等学校の出身だった。
 
つーことは、息子と変わらない年齢なので、船橋駅周辺闊歩していたに違いない。これだけのイケメンに遭遇しなかったのは悔しい。残念でならない。
 
進学校なら東大、早慶を目指すはずが、アメリカの大学に行った。このあたりから、フジオカ君の人生に個性の色出た。
 
その後、アジアをバイクでバックパッカーに。香港、台湾で人気俳優に。ラップミュージシャン、ボクシング、マーシャルアートと多彩である。
 
沢木耕太郎さんの「深夜特急」と、戸井十月さんのバイクで「五大陸走破」をミックスしたような俳優だと確信した。
 
だからこそ、日本の芸能界で異臭放っている。おまけに、結婚を隠したがる日本のちっこい芸能界とはうって変り、ちゃんと奥さんと子供がいることを堂々と話し、めちゃくちゃ愛していると公言する。コスモポリタンだ。英語、広東語、北京語、インドネシア語を流暢に話すが、その裏には抱えきれないほどの苦労があったはずなのに、さらっとしている。そこも魅力である。

スポンサーサイト
熊本大地震 | Home | 「ラ ・マンチャの男」 松本幸四郎1207回公演

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。