スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お」のない「もてなし」沢木耕太郎特別寄稿 ~「月刊ホテル旅館」

月刊ホテル旅館


沢木耕太郎寄稿


旅を語り、映画を語る。そして、ロバート・キャパの人生を長年追いかけてルポした著作「キャパの十字架」では、キャパの「崩れ落ちる兵士」という疑惑に満ちた作品の真実を追求し、司馬遼太郎賞を受賞した。

オールランダーの作家と言えば、頭に浮かぶのは沢木耕太郎さんしかいない。私も映画評を書くので、沢木さんの映画コラムにはいつも触発され、「なるほど!」と唸らせてもらっている。

そんな、沢木さんが柴田書店の「月刊ホテル旅館」創刊50周年記念号に寄稿されているという情報をいただいたので、真っ先に読ませていただいた。

タイトルは「お」のない「もてなし」。このタイトルで誰もがピンと来るだろう。日本オリンピック招致を決定にした滝川クリステルのスピーチへのアンビバレントであることを。

日本国民がオリンピック招致で浮かれているが、招致が決まった以上、日本には山積み課題が課せられる。その中でも、海外の選手や観光客が何十万人も訪れることから、一番のホスピタリティにもなる「ホテルや旅館」の在り方である。

沢木さんは世界中を旅している。そして、世界中のホテルに泊まっている。そんな沢木さん流の海外のホテルでの本来の「もてなし」方について熱く語り、日本のホテル業界にも強烈なアドバイスをしているのだ。

沢木さんの今までにない異色のアプローチで書いている雑誌が、柴田書店発行の「月刊ホテル旅館」であったことに、私は驚嘆している。食の老舗の伝統ある出版社だからこそ、こんな斬新な企画が通り、実現できたのかもしれない。

オールラウンダー沢木耕太郎さんに、またまた驚かされてしまった!



スポンサーサイト
「第一回野村胡堂文学賞受賞式、祝賀会」 | Home | 「ごちそうさん」が面白い!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。