スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「筑紫哲也と政治はいま」~成城ホール  

平野肇

(平野肇さんの語りと調べ)



中島清成

(写真右から、司会の瀧澤陽子、飛び入りで登壇いただいた白石順子さん、井手宏幸さん、中島清成さん)


鼎談


(「政治はいま」を熱く語ってくださった中島清成さん)




9月11日成城ホールにて、「筑紫哲也と政治はいま」の講演会にいらして下さった皆様へ。

残暑厳しい中、本当にありがとうございました。今回は成城ホールとの共催ということで、地元船橋から私の主催する「実験的表現舎」が出前開催となりました。

筑紫哲也さんがお亡くなりになったのが、2008年11月7日。早3年の歳月がたちます。そして、あの未曾有の大災害、東日本大震災から半年、何よりもアメリカ同時多発テロから10年目。そんな日にこういった貴重な講演会が開催できたのも妙な因縁を感じます。

第1部の作家でありミュージィシャンでもある平野肇さんの「語りと調べ」は個性的で叙情的で優しくて、素晴らしかったです。

第2部の「筑紫哲也の素顔」では、朝日新聞政治部の大先輩であり、キャスター筑紫哲也の生みの親でもいらしたジャーナリストの中島清成さん、筑紫さんの写真を撮り続けた写真家の井手宏幸さんのお話は、リアルタイムで時間を共有した人にしか話せない筑紫さんの素顔でした。なんと、会場には、筑紫さんの元秘書でいらした白石順子さんもお見えになっていたので、ご無理を言って登壇してもらい、お話の中に入っていただきました。

私・瀧澤陽子はプロの司会者ではないので、すべりまくりで、かなり突っ込んだ質問に、会場は笑いの渦でした。人の笑いが私の生きがいなので、ほかの出演者の方はどうお思いになられたかはわかりませんが、私は大満足でした!(笑)

第3部はメインイベント。中島清成さんの単独講演「政治はいま」です。この講演はかなりの反響がありました。朝日新聞社政治部キャップで、田中角栄内閣を中心に健筆をふるった中島さん。自民党から民主党へ。政権交代したとは言え、民主党のテイタラクぶりがよくわかりました。その分析はあまりにも鋭く、会場のお客様は微動だにせず、熱心に聞き入っていました。機会があれば、私個人的にも、もう一度聞きたいと思いました。

なお、お客様の中に、フジテレビ元アナウンサーで、毎日のようにテレビに出演なさっているご活躍の城ヶ崎裕子さんのお姿もあり、この講演会の意味の深さを改めて認識しました。

今後も、新企画実施に向けて色々と無い頭を使っております!皆様、次回に乞うご期待!


感謝をこめて!       2011年9月16日   瀧澤陽子










スポンサーサイト
異色の出版記念会 | Home | 筑紫哲也の生みの親・中島清成さんが語る「筑紫哲也と政治はいま」

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/10/07 (Fri) 02:17 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/10/07 (Fri) 02:22 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/10/07 (Fri) 16:01 | # | | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。