スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現場で作業しない人が原発を美しく飾る

もう三ヶ月が過ぎようとしているのに、福島原発事故は収束に向かうどころか、どんどん悪くなっているようだ。

昨日、テレビで福島原発事故現場で働く作業員のインタビューが放映されていた。そこに映る人たちは、東電の社員ではなく、下請け、孫請けの会社の労働者で、年齢は50歳後半の人の良さそうな方ばかりだった。

突然の暑さで、熱中症にかかる作業員が続出しているという。文句一つ言わずに、原発収束のために命をかけて働いている姿を見て、感無量になってしまった。

このシーンを見ていて、私はベトナム戦争に否応なしに行かされた兵士がダブった。いや、イラクやアフガンに行かされる兵士も同じかもしれない。国の都合で否応なしに戦地に行かされる兵士たちは、マイノリティの貧民層が圧倒的だった。お金を持っていたら、危険な戦場に誰が行くもんか。戦場に行けば、ある程度の生活の保障がされるから、その年金を見込んで危険な戦場に志願した。

確か、作家の沢木耕太郎さんのお書きになったものの中に、こんなフレーズがあった。裏覚えなので、間違っている点はあるかもしれないが、「戦争に行った人間は戦争を語らない、戦争に行かなかった人間が戦争を美しく語る」と。

まさに、今の福島原発事故で作業に当たっている作業員の気持ちなのではないだろうか?

東電の会長、社長、いつまでも、グタグタ言って辞めない菅直人総理。いえいえ、ぬくぬくと冷房の効いた国会で、本当の被災者の叫びに目を向けない野党、与党議員たち。

激務で命かけてる作業員を休ませるためにも、あんたたちが原発事故現場で作業してみればいいじゃないか!

特に菅直人さん。未曾有の災害を切り抜けた総理としてその名前を歴史に残したいならば、トレンチから溢れるかもしれな放射能汚泥物を一センチでも減らすために、たった一人で2号機に入り、怪力ハルクみたいに巨大バケツで汲み出して、ウハウハ笑いながら総理官邸に持ち帰ること。

ここまでやってくれれば、菅総理はマジすげぇ奴って褒められるだろうね。

絶対に続投間違いなし!



スポンサーサイト
松田直樹選手、悲し過ぎるぜ! | Home | 猫パンチ~その2

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。