スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルトダウンって、凄く怖いんですけど。

東電が福島原発2・3号機でもメルトダウンを認めた。

1号機からタイムラグもなくメルトダウン。2ヶ月以上過ぎてから東電はやっと認めた。で、私は3月11日の巨大地震後に福島原発で水蒸気爆発が起こった瞬間から、素人考えだけど、メルトダウンしたと思った。

「メルトダウン」という言葉を知ったのは、1979年度のアメリカ映画「チャイナシンドローム」で、この映画の公開の12日後に、スリーマイル島でそっくりの原発事故が起こった。

映画は炉心溶融すると、その威力はアメリカから地球を突き抜けて中国まで達するという危機感を訴えていた。

だから、私は「メルトダウン」がめちゃくちゃ怖い。日本だけでなく、まるっきり無関係な世界に放射能をばら撒くわけだから。

ここ数日で東電からいとも簡単に「メルトダウン」という言葉は発表されているけど、素人の私でも、なんとなーく嫌な予感がしている。余震の恐怖、いやいや、もしかしたら、首都圏直下型地震の可能性、東海、東南海、南海地震の可能性、いやいや、日本のどこにだって地殻変動で巨大地震の起こる可能性はあると思う。これは本当に怖い。

しかし、本当に恐ろしいのは、今この時点で収束してない福島原発事故。これこそ今まさにそこにある危機じゃないか。

でも、メディアも私たちもちょっと原発事故に慣れてきて、あんまり大騒ぎしてないのが余計に心配。今日のニュースのトップにもなっていない。沢尻エリカの離婚届けをトップにしているテレビ局。そんな場合じゃねーだろう。

唯一、講談社の「週刊現代」だけは、毎週毎週原発事故の恐ろしさを特集しているので、胸がスカッとしている。これぞ週刊誌の役割。これぞ週刊誌の矜持。がんばれ「週刊現代」!

もっともっと、私たちは声を大にして早い収束を訴えないと、もしかしたら、私たちの祖国は亡くなってしまうかもしれない。もっと、もっと、関心をもたないととんでもないことが起こるかもしれない。早急に!


スポンサーサイト
偉大な野良猫 | Home | 「世界があなたを待っている」戸井十月講演会 IN 池袋アムラックスホール

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。