スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が捨てたい物は人もいらない

「支援の古着、余って山積みに…やむなく廃棄も」

 読売新聞に下記のような記事が載っていました。

かねがね、私が心配していたことが的中しました。だって、自分が捨てたいものを被災地に送るなんて、被災者に失礼だと思わなかったのでしょうか?黄ばんだ下着なんかが送られてきたら、不安で先の見えない被災者の方たちの気分をさらにドン底にさせてしまうでしょう。

こういったきったない物を送った人が、「被災地に支援物資を送った」と自己マン、自慢気に言って歩くのでしょうね。きっと。

おめぇーのきったねぇパンツなんか、誰もいらねーよ。被災者の方々に失礼じゃないか!


読売新聞4月30日(土)13時56分

汚れなどが残り、着用が難しく廃棄される支援物資の衣料

 東日本大震災の被災地に支援物資として送られた古着が、引き取り手のないまま集積所に山積みとなっている。

 必要量をはるかに超える善意の贈り物に、宮城県女川町はやむなく廃棄処分を始めた。岩手県の被災地でも事情は変わらず、今度は毛布やおむつの在庫も目立ち始めるなど物資支援の難しさが浮き彫りとなっている。

 支援物資の集積所となっている女川町立女川第一中学校の体育館。片隅には、避難所から送り返されてきた衣類が入った段ボール約200箱が積み上げられていた。その一つを開けると、着古したセーターやズボンが押し込まれていた。中には黄ばんだ下着や油まみれのつなぎもあった。

 「せっかく寄せられた善意でも、着る人がいなければ仕方がない」。同町職員の木村公也さん(51)は申し訳なさそうに話した。同町では、全国から送られてきた古着の約8割の引き取り手がないため
スポンサーサイト
一時帰宅の同意書 | Home | 「放射能怖い」福島からの避難児童に偏見

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。