スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただひたすら、おにぎりを握っていた…。

まだまだ予断を許さない福島原発事故。

チェルノブイリは10日間、スリーマイル島は7日間で、原発事故はあれ程度まで収束した。日本はもう3週間になるじゃないか。

管さんにも東電にも、いっぱい文句を言いたいことがあるが、今は現場で命がけで危険な作業をしている関係者の安全と、早い終息を願うだけだ。

今週も不安だらけだったが、サッカー日本代表対Jリーグ選抜の試合には涙が出た。44歳のカズが見事にゴールを決めたくれた!カズダンス健在。やっぱり、日本のサッカーは三浦カズ無くして存在しないと思った。被災地のサッカーファンにも励みになってくれただろう。

やっと友達とご飯を食べる気分になったので、幼馴染3人とランチした。ちょっと椅子がきしんだだけで、「地震?」と、友達も私ビビッてしまう。

一種の地震ウツ、地震ノイローゼにかかっているんだろう。あれだけの衝撃的な揺れを体験してしまったのだから。

「巨大地震後、何をした?」と、一人が言った。

「私は怖くて、家の中で布団をかぶり、テレビをつけて家族の帰宅を待っていたの。余震が来るたびに震えていた」と。

「私はスポーツクラブのお風呂にいたの。ゴーンという音がして、お風呂のお水が波打ってきたの。真っ裸でしょ。とにかくバスタオルだけ巻いて、スタッフの指示に従い震えていたの」

私はと言えば、巨大地震後、断水になってしまったが幸い電気がついていたので、炊飯器でお米を5合も炊いて、ひたすらオニギリを作っていた。

今、考えると、10分置きに震度4くらいの余震が続いている中で、よくオニギリ30個も作ったなと自分ながら驚いている。

人間は究極の恐怖を味わうと、咄嗟に食への危機管理が高まり、なんとか保存しようとする防衛本能が働くのかもしれない。

そして、思うのだ。やはり、日本人はオニギリなのだ。

避難所の人たちが真っ先に口にできたのはオニギリ。

オニギリに敬意を表してあげたい。
スポンサーサイト
「東日本大地震の惨事に際して」~日本ペンクラブ声明文 | Home | ベトナムからも心暖まるメールが

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。