スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心(ここ)ちゃんの命


熊本で3歳になる幼女がスーパーのトイレで殺害された。

犯人は20歳の大学生だった。いつも行くスーパーのトイレでまさか自分の娘が殺害されるとは親御さんも思ってもみなかっただろう。

私も二人の子供を育てた。

殺された心(ここ)ちゃんは4人兄弟の末っ子。親というのは、初めての子には必要以上に手をかけ干渉をするが、下になるほどそれがゆるくなる。だからこそ、長男や長女よりも、下の子供は自立心が旺盛で、たくましくなるのだ。

当たり前のことである。

私の娘が幼稚園の年少の頃、今の心(ここ)ちゃんみたいな年の頃に、スーパーのレジに並んでいた時、娘が「おしっこ」と言った。いつも行くスーパーのトイレで勝手を知っている娘だから、「一人で行っておいで」と、何度も言ったことがあった。しかし、何も起こらず、娘はさっぱりとして可愛い顔で私の手元に戻ってきた。

20年前の話だ。

その時代、こんな猟奇的な事件は皆無だった。犯人がロリコンだがなんだが知らないけど、殺した後に空だったリュックに死体詰め込んで膨らませ、自転車で移動して川に捨てる。そんな残酷な犯罪者はいなかった。

恐ろしい。

きっと、心(ここ)ちゃんのお母様は自分を責めているだろう。一緒にトイレに行ってあげていたら、娘は殺されずにすんだのだと。そのお辛いお気持ちを察すると、今は怒りをどこにぶつけていいのかわからない。

スポンサーサイト
東北関東大地震~負けてはいられないぞ! | Home | 日本ペンクラブにオスマン・サンコンさんが入会しました!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。