スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All work and no play makes Jack a dull boy.

 スタンリー・キューブリック監督の「シャイニング」は衝撃的な作品だった。ホラー映画と言うと、なんか味気ないので、私は「アートホラー、芸術的怪奇映画」と勝手に名づけている。

 主人公のジャック・ニコルソンは売れない作家。アルバイトで冬の間だけ閉鎖されるホテルの管理人になるが、いつのまにか、そのホテルに潜む幽霊にとりつかれてしまい、ついには妻と子供までを殺そうとすると狂人に変貌してしまう。

 この主人公はお客の来ない一冬のホテルで執筆に励み、連日連夜タイプライターを思いっきりたたいているのだが、出来上がった何百枚の原稿には「All work and no play makes Jack a dull boy」とう文字だけがびっしりと書かれていた。

 このシーンがあまりにも恐くて、私はおしっこが漏れそうになった記憶がある。意味はあまりにも有名なことわざで「よく遊び、よく学べ」。拙い英語の知識で直訳すれば、仕事(勉強)ばかりで遊ばないと、人はアホになるということか。

 先月、イタリアから帰国してから、ずーっと忙しかった。元来、自堕落、ネイティブ怠けモンの私にとって、ここ1ヶ月はパニックルームにいるような感じだった。映画も馬も全く見れない。

 弥生賞のアドマイヤムーンの勝つとこめちゃくちゃ見たかった!!。アカデミー賞作品賞をゲットした「クラッシュ」も見損なった。超かっちょいいN先生のヒップホップのレッスンも受けてない。「物書きはアホ」だと言いきった、近所のクリーニング屋のおばさんにも会っていない。東武デパートの福岡物産展のこんにゃく売り場で、生まれて初めて一週間だけパートで働いた怠けモン繋がりの親友・S子のところにも顔を出せなかった。S子、ごめんね…。絶対今度はこんにゃく買いに行くからね。時給1000円だってね。凄くいい時給。51歳になるまで一度も働いたことのなかったお嬢のS子の血と汗と涙の結晶の給料貰ったら、松阪牛専門の焼肉屋の「やまと」で吐きそうなくらい、おいしい焼肉おごってね。

 「All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.」

 あっ、どうしよう。手が止まらない。どうしよう!あ、また書いてる。
「All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.」

あっ、また書いちゃった。
「All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.All work and no play makes Jack a dull boy.」あっ、また。いや~ん、もう。だめよ、そこだけわ~ん。いや~ん。ちょっとだけよぉー、あんたも好きねぇー。

 私もとうとう狂ってしまった。悪霊に取りつかれてしまったのかなぁ。でも、私にはゲゲゲの鬼太郎の妖怪「砂かけババァ」という、つえー味方の守護神がいるから大丈夫。「悪霊VS砂かけババァ」。うんこれはいける。凄いホラー映画ができそうだ。「エイリアンVSプレデター」「フレディVSジェイソン」を抜いて大ヒット間違いなし。こんなこと考えているとますます頭がおかしくなりそうでやーめた。

 来週には「all play no work makes マリリン a dull ババァ」になっていますようにぃ! 
スポンサーサイト
あるジョッキーの転職 | Home | 映画「スタンドアップ」と娘

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。