スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しさと思いやりでは「優勝」した岡田ジャパン~日本対パラグアイ戦

延長戦からまさかのPKになるとは!

マリリンはPKというシステムを信じていない。なぜなら、これに勝利するには選手の実力もあるだろうが、ほとんど「運」がものを言うからだ。

PKになった瞬間、まるで各選手が拳銃でロシアンルーレットをやっているみたいな緊張感が走る。

5発の銃弾が入る拳銃に1発だけの実弾が入っている拳銃の引き金を引くような、それは命と体を張った大それたギャンブルをやっているような感じがして、実はマリリンはPKが大嫌い。

PKになると心臓がドキドキしてテレビを正視できなくなってしまう。

結果、日本は負けた。負けた瞬間、日本中の誰もが落胆しただろう。何よりも、岡ちゃん始め全ての日本代表選手の落胆と悔しさの涙がスタジアム中に溢れた。

しかしである。マリリンは日本は負けたが、PKで敗れたのだから、これは敗れたとは思わない。強化試合からぼろ糞に言われた岡田ジャパン。予想外の一次リーグ戦進出、ベスト16、そして決勝トーナメント。

こんなにわくわくする興奮の流れを作ってくれ、日本中が一丸となって岡田ジャパンを応援していた。マリリンも本当にこの1ヶ月、サッカー以外には何も興味がなくなったいた。

開催国・南アフリカ、反アパルトヘイト運動で伝説の大統領になったネルソン・マンデラ。マンデラ大統領は「スポーツには国を一つにする不思議な魅力がある」という名言を残しているが、まさにその通りだった。

PKで生憎、駒野が外し、それが日本の負けの原因となってしまった。しかし、試合後、責任感を感じ、落胆して号泣する駒野の体を強く抱き締めていた中澤、稲本、松井たちのあの思いやりと優しさ。

悔しさと落胆はどの選手にもあった。

が、今この場で一番必要なのは、確かに駒野選手へのメンタルケアだった。

日本の純粋なチームワークが鑑みられた。

この結束と信頼感がきっと、日本をベスト16まで引っ張ってきたんだろう。

民族の祭典。国の祭典。日本選手同士の「思いやりと優しさ」が世界中で放映された。負けた日本選手のこの暖かい信頼関係に世界中の人々も涙を流してくれただろう。

勝負に負けたが、日本は「思いやりと優しさ」では完璧な優勝をしていた。

岡田ジャパン、本当にお疲れさまでした!

4年後のブラジル開催では、ベスト4を目指してくれ!!!!
スポンサーサイト
教養講座講師としてケーブルテレビにデビュー! | Home | パラグアイに負けるな、岡田ジャパン!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。