スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上ひさしさん、お疲れさま…。

作家の井上ひさしさんが亡くなった。

井上ひさしさんとの出会いは、私が日本ペンクラブに入会した年だから、今から3年前のことだった。今の日本ペンクラブ会長は阿刀田高さんだが、当時の会長が井上ひさしさんだった。

私を推薦した下さったのが作家の小中陽太郎さんと吉岡忍さんで、小中さんと吉岡さんに連れられて、会長の井上ひさしさんの所にご挨拶に行った。

小中さんが、

「この新進女性エッセイストの瀧澤陽子さんは、中山競馬場の馬券売り場で働いていて、そのことを書いてデビューしたんですよ。とても面白い方です」と、紹介してくださると、

井上さんは、

「へえー、そうなんですか。馬券売り場のエッセイストですね。とっても個性的でとっても楽しそうな方ですね。こういった面白い方が日本ペンクラブに入っていただけると、力強いですね。これからも頑張ってくださいね」と、素敵な笑顔でお優しく言ってくださった。

私の世代では、井上ひさしさんと言えばNHKの人気人形劇番組「ひょっこりひょうたん島だった。放送作家としてその実力を世に知らしめていた。ひょうたん島に住む人々は、それぞれが自由奔放で平和に生きている。学校のサンデー先生であったり、生徒の博士であったり、島を統一しようとするドン・ガバチョであったりと、こんなアットホームな島の住人になれたらどんなに楽しいだろうかと、子供ながらに、私は強い憧れを持っていた。


そんな素晴らしい作品を生み出した井上さんに、「頑張ってくださいね」という暖かいお言葉をいただいた感激は今でも忘れない。

また、「ひょっこりひょうたん島」みたいに、日本という国にも自由と平和を求めてもいた方だった。「いま、戦争と平和を考える」などの集会を開催したりと、アクティブに活動する無類の平和主義者でもあった。

軽妙洒脱のユーモアと心の底から人々を笑わせる作品を描きながら、真剣に平和を考える作家がまた一人世を去った。

「馬券売り場のエッセイストさん」と、目を細めながら私を見てくださった笑顔が忘れらない。

 井上ひさしさん、お疲れさまでした。本当にありがとうございました。

             合掌…。


スポンサーサイト
パラサイトばばぁ | Home | 講演会・「元秘書が語る筑紫哲也さんの思い出」

コメント

井上ひさしさんの訃報に心痛めてます。悲しい。でも井上ひさし先生らしい人柄ですね。泣いていいのですよね。

2010/04/15 (Thu) 19:51 | きりきり人 #- | URL | 編集
きりきり人さんへ

初めまして、書き込みありがとうございます!

きりきり人というネームで、いかに井上ひさしさんのファンでいらっしゃるかがわかります。

本当に残念でたまりませんね。

2010/04/21 (Wed) 08:29 | マリリン #- | URL | 編集
井上ひさしさん

マリリンさん
井上元会長が急逝なさり本当に残念でした。 あの方のお芝居は面白かった。 私の名前を検索していたらマリリンさんに行きついてびっくり!
あなたのビッグスマイル、元気の良さ、プロフィールを拝読して納得。
またペンでおしゃべりしましょう。 沢山お話しすることがありそうです。

2010/06/01 (Tue) 14:26 | sue #Bd7Kn..o | URL | 編集
山本澄子先生

立正大学名誉教授、映画論の大家でいらっしゃる山本澄子先生からコメントをいただき、感激しております。

山本先生はこのたび、日本ペンクラブの名誉会員になられ、宮尾登美子さん、藤原ていさんなどと、日本ペンクラブを支えた偉大な方で、とても尊敬申し上げていました。

井上ひさしさんとは短い期間しかご一緒できなくて残念でしたが、その功績はずっとずっと語り継がれていくと思っております。

山本先生は、何よりもお若くてお綺麗で、ファッションセンスも抜群。マリリンも山本先生を目指して、頑張っていきたいと思います。

次回のペンクラブの例会でお会いできるのを楽しみにしております。映画のお話、とても勉強になります。また、教えてくださいね。

心から感謝を込めて。

2010/06/01 (Tue) 19:24 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。