スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チャイニーズ・デモクラシー」 ガンズ&ローゼズ 

チャイニーズ・デモクラシー


ガンズ&ローゼズの東京公演が迫ったきたんで、新アルバム「チャイニーズ・デモクラシー」をやっと買って、今聴いている。

今回のガンズのライブはこのアルバム中心なんで、聴いて学習しておかないと、ライブ会場で浮いてしまうし、聴きたい曲があった方がいいし。ちょっと遅すぎたかも。


万が一、万が一、「アペタイト・フォー・ディストラクション」の「ウェルカム・トー・ザ・ジャングル」「マイ・ミッシェル」とかがセットリストになければ、楽しみも半減するし、とにかく「チャイニーズ・デモクラシー」は聴いておかんと、マリリンは焦りまくって、ここ2~3日、ずっと聴き入っている。

ぶっちゃけ、最初、このアルバムのトップの十八番「チャイニーズ・デモクラシー」を聴いた時は、ぶっ飛んだ。トラック2「シャックラーズ・リヴェンジ」、3の「ベター」あたりまでは、まさに、まさしくガンズ&ローゼズ、何を隠そう何も隠すもんがないが、これこそガンズの曲だと、大満足していた。

しっかし!!!!その後の曲はバラード、ミッドサウンドが多くて、こりゃー、全く新しいガンズかなって、ちょっとがっかりしていたんだけど…。

製作期間14年、制作費14億。メタルのメン友が、「あんまり制作費かけ過ぎちゃったさー、なんか、凄いことになったみたいだよ」って、ヒップホップダンス中に密かに囁いてくれたけど、ほんとにその通りで、ミッドテンポで凄いことになっちゃっている。

制作費14億円は、トラック3までで使い切ったのかっていう感じがして…。

だから、絶対にガンズのベストヒットだけはやってもらわんとなぁ。やっぱ、「アペタイト・フォー・ディストラクション」は、何があってもやって欲しいよ!

アクセル以外にスタメンが全くいない「ガンズ&ローゼズ」は百も承知でライブの臨むんだもん。スラッシュに来て欲しいなんて言わないからさー。

だから、せめて、アクセルよー。


"Welcome To The Jungle"
                "It's So Easy"
                          "Mr. Brownstone"
                                    "Paradise City"


これだけでも、たのんますよー!
スポンサーサイト
アクセル・ローズ、ありがとう!(ガンズ&ローゼズ ライブ イン 東京ドーム 2009) | Home | ワールドカップ、日本はE組に!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。