スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川賞作家・磯崎憲一郎さん

磯崎憲一郎さん

(左からマリリン、会長の阿刀田高さん、磯崎憲一郎さん、理事で電子文藝館委員長の大原雄さん)


11月26日(木)

 日本ペンクラブの懇親会があった。会場の「東京會舘」の食べもんは、ほとんど食べつくしているけど、今回、サーモンと魚のすり身にほうれん草を加えたカリカリのパイがとても美味しくて、「おー、ニューバージョンの登場」。うれしさMAX。

そして、もっとうれしいことがあった。サーモンのパイがMAXならば、今年度芥川賞作家になられた磯崎憲一郎さんとお話できたことは、SUPERMAX、ハンパなくアンダーグランド(ギャル男言葉で、とてつもなくメチャクチャにいいという意味)だった。

磯崎さんは若き頃のアンソニー・パーキンスみたいなイケメンなので、マリリンはハートがどきんどきんだった。最近では、アクセル・ローズのライブビデオを見てハートが「マスク」のジム・キャリー状態になったが、磯崎さんはそれをはるかに超えた。

久しぶりに文壇に、超イケメンの登場だ。

30歳くらいにしか見えない磯崎さんだが、「僕は結構年なんですよ。1965年生まれですから」と、おっしゃったので、さらに驚きMAX。なんと44歳ではないか。


三井物産社員と作家を兼業する、とてもお優しくてご謙虚な磯崎さんにお会いできてお話できて、本当にうれしかった。

ただ、磯崎さんには申し訳ないのだが、芥川賞受賞作品の「終の住処」はまだ読んでない。

今日、買ってこようっと。

磯崎さんが「マリリンの日常日記」を読んでくれるとおっしゃっていたので、それもドキドキ。

しかし、ネカフェのイエガネーゼの浜田ブリトニーちゃんを尊敬するために、アッシ、マリリンのチャライ文を読んで、メンズの磯崎さんが気絶しないことを願っている。





スポンサーサイト
ワールドカップ、日本はE組に! | Home | マリリン家の事業仕分け

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010/01/17 (Sun) 23:38 | # | | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。