スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北の旅~①19800円の激安ツアー

台湾桃園国際空港の柿君

      (台湾桃園国際空港に到着いなや、台北のイケメン・カキ男君にナンパされたマリリン。
       このイケメン君は無口でまるでアンドロイドのようでした!マリリンのマイタイプ!)



 2泊3日台北旅行がいちきゅっぱ(19800円)という旅行代理店の新聞のチラシを見た瞬間、「台北に行こう」と決めた。

 しかし、19800円で台北旅行ができる仕組みはどうなっているんだろうか?乗ったチャイナエアラインやステイしたホテルの儲けはあるのだろうか?

新幹線で大阪往復するよりも安いじゃない。そう考えると日本の新幹線はメチャクチャ高いよね。

とにかく安いということはいいことだ。無事、就職が決まった娘と二人で、台北旅行を満喫してきた。

娘をこの旅に誘った時、

「競馬場に行くなら、一緒に行かないよ!」って釘をさされた。競馬バカの私は、どこの国に行っても気になるのが競馬場だからだ。残念なことに、調べた結果、台北には競馬場がなかった。

「大丈夫、大丈夫、今回だけは、母と娘のマジのガチの家族旅行だから安心おし」と、私。

ということで、観光ガイド本を絵に描いたような母と娘のねっちょりとした女々しいコンサバな旅をした。

台北…。

 もう少し、猥雑でごちゃごちゃしているのかと思ったら、町並みは綺麗だし、何よりもガツガツしたところが全くなかった。ステイしたホテルは日本で言ったなら、東京駅のまん前にあるようなロケーションのホテルで、名前はシーザーパークホテル。どこに行くにも便利で、都会的だ。

 19800円の基本料金だったけど、実はホテルだけはプラス8000円アップグレードしたおかげで、フロントのスタッフも垢抜けていて、室内にはミニバー、シャワーだけでなくちゃんとバスタブもありぃので、ツインのベッドの大きさもセミダブル並みで、とても快適だった。

 8000円のアップグレードは決して無駄でなく、大満足だった。そうそう、6階にはフィットネスやサウナも無料使用できたが、さすが、台北に来てまで、筋トレやボディコンバットをやる気になれなかった。


   →ここまで書いていたら、配水管の工事が来たので、この続きは明日にでも。

スポンサーサイト
台北の旅~②「鼎泰豊(ディンタイフォン)」 | Home | 「1Q84」

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。