スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋までの助走期間10分

高校2年になる娘が失恋した。

 先週の早朝の食卓。取材に出ようとあたふたして支度をしていた私に、突然悲痛な表情をした娘が
「M君に振られるかも知れないぃー」と大粒の涙を流しながら私の胸に抱きついてきた。

 娘が同じ年(タメ)のチョーかっこいい男の子と付き合っていたのは知っていたが、まだ付き合い始めて半年にもなっていない。

 「なんで失恋したってわかったの?」と娘を胸にしっかり抱きしめて聞いてみた。
 「夜中に携帯で話しているうちに…。うちのことは本当に好きかどうかわかんなくなったって言ったんだ。しばらく会いたくないって言われた。もう、悲しくて、M君のいない人生なんて考えられない…」

 まるでこの世の終わりみたいな表情で泣きじゃっくりをしている。この間まで、幼稚園でおもらししてパンツのおみやげを持ってきた娘が「失恋????」。最初の子には親はかなりナーバスになるが、2番目の子にはいい加減になるっていうのは全くその通りで、2番目の彼女は母親の私の知らないうちに、少女になり女に羽化しようとしていたわけだ。

 失恋の痛手は母の私も嫌というほど味わってきたので
「彼の心が離れていったならどうしょうもないよね。辛いのはわかるけどさ。男は追えば追うほど、あなたのことが嫌いになるから、もうほっときなさいよ…」

こう娘を慰めて取材に出た。

 しかし、電車の中ではたと考えた。たった6ヶ月で破局???。凄いスピードだ。私の高校生の頃には考えられない。まず、人を好きになってから、コクル(告白)までに3ヶ月。その人も私を好きだと言ってくれるまで、また3ヶ月。相思相愛になってからの二人の蜜月は、多分、平均して1年くらいは続いた。彼を思うとトキメキ、寝ても覚めてもいつも彼のことが心にあって、時には苦しくて時には悲しくて、切なくて…。

 ファーストキスの日なんて、心が体が燃えて、彼の唇の柔らかさや甘さが、私の唇に熱く残って…。そんな淡い日々が少なくとも1年は続いた。

 しかし、1年超えると、恋は車の運転免許取得と同じで、若葉マークをつけてビリビリっになって運転していた緊張感や新鮮さが失せてくる。若葉マークが取れる頃には、「運転なんてどうってことないんだ」とマンネリ化してくる。

 振り返ると、高校時代の私の恋は1年くらいで冷めていた。しかし、せめてもお互いの相思相愛を確かめるまでの助走期間は半年はあったのだから1年半は続いたわけだ。

 娘の恋は梅雨で始まり師走で終わった。

 今新しい彼女ができてルンルンの長男にそのことを話したら「おかん、半年続けば長いほうじゃん。3ヶ月が平均っすよ!」という、これまた信じられない暴言を吐いた。

 私はとっさに閃いた。今のガキの恋愛周期の謎をだ。これは携帯電話、携帯メールの存在が理由だと思う。つまり、昔は各家庭に電話は一台しかなかった。彼に連絡をとりたくても彼のお母さんやお父さん、はたまたおばーチャンが電話に出る可能性は大である。せっかく彼が電話に出ても周囲に家族がいるので当り障りのない内容の話しができない。彼も私の家に電話をかける条件は同じだった。どんなに思慕の恋が募ろうと、どんなに相手の声が聞きたくても、お互いの家族の存在を通した不可抗力のデイスタンスがあって、我慢しなければならない壁があった。

 しかし、今の高校生、大学生には瞬時に連絡を取れる携帯電話、携帯メールがある。好きになったら、ストレートにメールでコクることができる。もし、コクられた相手が本当に好きな子だったら、間髪をいれずに携帯メールで「自分も好きだったんだ」とコクり返す。

 恋愛成立までの助走期間は10分。ここから濃密な蜜月が始まる。これもまた加入電話だけの頃と違って、いつでもメールの返事をみたり、声が聞けるので、朝であろうが真夜中であろうが、思慕の恋が募った時に愛を確かめ合うことが出来る。昔1年かけなければならなかった恋の喜びや切なさを、多分3ヶ月くらいで味わってしまうのだろう。だから、熱が冷めるのもおのずと早くなるのはあたり前である。

 うん、これはガキだけとは限らない。大人の男女にもこの恋愛周期は感染しているに違いない。そう思うと携帯電話やパソコンなどの通信の進歩は恋愛の周期までも変えてしまう巨大な力になっているのが現実だ。これはいいのか悪いのか。

 願わくば、せめてもせめても、「恋だけは通信の速度に比例して欲しくない」なんて思っている私は、コンサバおばさんになってしまったんだろうか?
スポンサーサイト
失恋までの助走期間10分(娘の失恋パート2) | Home | アグネスデジタル・世阿弥の花伝書・ヒシミラクル

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。