スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーラシア大陸横断!!!!

ユーラシア大陸横断計画

      (戸井十月さん ユーラシア大陸横断の旅のスケジュール表)
       



 「ゲバラは生きるように旅をし、旅するように生きた。その人生そのものが、見果てぬ夢と理想に向かってひた走る、壮大な一つの旅だった」

 大先輩の作家であり冒険家であるゲバラを愛して止まない戸井十月さんのチェ・ゲバラへのオマージュである。素晴らしいフレーズでうっとりだ。


 戸井十月さんの夢はバイクで五大陸走破。すでに、北米大陸、南米大陸、オーストラリア大陸、アフリカ大陸を走破して来た。

 60歳という団塊の世代を代表するようなオッサン年齢になって、なんと最後に目指したのがユーラシア大陸だ。

 7月2日、愛するホンダのバイクと共に、ユーラシア大陸横断の入り口となるポルトガルのロカ岬に旅立った。

 数ヶ月前に、戸井さんとお会いして旅の詳細を伺っていたので、いよいよ決行したんだなって、なんだか感慨無量になっている。

 そこで、送っていただいたユーラシア大陸横断の旅の地図を見てたら、あまりにも広大なので、改めてびっくりしている。今まで走破した大陸の中で一番デカイではないか!

 距離にして40000キロを鉄の馬となるバイクで走り抜ける。期間にして5ヶ月。なんだか、気絶しそうなくらいスケールの大きいことなので実感がわかないが、戸井十月さんは自分の夢を確実に実現した。

団塊の世代のオッサンたちの生きる鏡である。そして憧憬であり男のロマンである。

 「ゲバラは生きるように旅をし、旅するように生きた。その人生そのものが、見果てぬ夢と理想に向かってひた走る、壮大な一つの旅だった」

 はそっくりそのまま、戸井十月さんに当てはまるんじゃないだろうか。
 
でっかいなー! カッコいいなー!元気になれるなー!素晴らしいなー!憧れるなー!

 11月に無事に帰国したら、たくさんのお土産話を聞きたい。
 
 それまでは、戸井十月さんの公式サイト  「越境者通信

に掲載されるユーラシア大陸走破の報告の更新を楽しみに、私も見果てぬ夢と理想に向かってひた走る女でありたい!


スポンサーサイト
国際ペンクラブのお客様たち | Home | 消えたヘアーブラシの謎

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。