スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らし

 北鎌倉まで取材に行った。円覚寺や延長寺を見て回った。鎌倉を訪れたのは2年ぶりだ。

 最高のお天気に恵まれ、新緑の鎌倉は素晴らしかった。文士や芸術家がなぜ鎌倉を愛するのかが、やっと理解できたようだ。

 同行してくれた担当の編集者は26歳になる可愛いお嬢さん。なんと、私の息子と同じ年だ。こんな若い女の子と一緒に取材ができる幸福感に浸っていた。やっぱ、若いってことは素晴らしい。若いということで、何もかも許されてしまう。

   若さの特権だろう。とにかく彼女は輝いていた。

取材が無事終わった後、

「家の息子は自宅から会社に通っているけど、あなたもご両親の所から通勤しているの?」と尋ねてみた。

「いえ、いえ、都内で一人暮らしです。実家は関西ですから」
 ハキハキとした返事が返ってきた。

「じゃ、家賃や生活費は全部自分の給料でやっているんだ?」
「はい、もちろんですよ!でも、それって当たり前じゃないんですか?」

 家の息子は自宅から通っているから、毎月わずかな生活費を家にいれて、後は自分の好きなように給料を使っている。

「そうだよね。26歳になれば親元離れて自立するのが当たり前だよね。近いうちに、私も息子をおん出すわ。じゃないと、いつのまにか、あっという間に時がたって、30歳になっても家にいるなんてことになっちゃうもんね。母と娘の関係はシビアーでも、母と息子って、どっか歪んだ関係になるもんね…」

 私はイギリスの作家・D・H・ロレンスの作品「息子と恋人」が頭に浮かんでいた。

「じゃ、ご飯も一人で作っているんだね?」

「もちろんですよ。ただ仕事が忙しくて、ちゃんとした食事が取れないから、手抜きが多いですけど。お休みの日に、一週間分のご飯を炊いて、おかずを作って冷凍庫にいれておくんですよ。都内に住んでいるから家賃も高いんです。外食していたら、すぐにお金がなくなっちゃいますもん」

 わー。偉い!偉い!

「だから、貯金なんて全くできないけど、今は仕事が楽しくて楽しくて、仕事に全力投球してますよ。実は少ないお給料から、実家にも仕送りをしているし…」

 うーん。ますます偉い!しっかりしている。久しぶりに気持ちのいい、前向きなクレバーな女の子に出会った。

 こんな女の子を息子の嫁にしたい!私は咄嗟に勝手に思った。

「ねー。あなたみたいに綺麗で賢い女の子だったら、もうカレシはいるよね?男の子がほっとかないよね?」

「…。はい…。」
ポッと頬を赤らめた。その照れた仕草が可愛くて、可愛くて、マリリンおばさんは抱きしめたくなってしまった。やっぱ、こんな素敵な女の子は男がほっておくわけない。女の私から見てもいい子は男からみてもいい子なんだろう。

 仕事ができて、性格が良くて、腰が低く、謙虚できちんとした目標をもって頑張っている。
 そして、素敵なカレシに大切にされ、深く愛されている。

 いい女の必須条件をみんな持ち備えている。家の娘もこうなって欲しいもんだ…。

 
スポンサーサイト
忌野清志郎さんが死んじゃった…。 | Home | 格下げババァ…。

コメント

ありがとう。

ありがとう。すごく!がんばる子です。私も会社を持って20数年たつけど初めてプランナーとして育ててあげようと思わせてくれたスタッフです。業界の中でひとつの地位を確保していけるよう私もがんばって教え込んでいるところです。強そうに見えても繊細で、そこが私に似て、ゆるぎないプランナーになれる素質かもしれない。ようこさんの息子さんにはもしかしたらぴったり!はまるかもしれない。彼はほんと!に優しい。ご主人に似たんだね。ようこさんも長い付き合いの私からみて、とても繊細で気配りのできる人。感受性がどんなに年齢を重ねてもみずみずしいのも繊細だからこそ、だと私は思ってます。息子さんも業界人。今回担当させていただいた三好も業界人。みんなで育ててあげたいよね。私達はそういう年齢になったのかも知れないね。ほんとにありがとう。このブログは会社みんなで見るようにしますね。原稿楽しみに待っています。そして今回の仕事のスポンサーでもあられるナチュリルのアスタキサンチンシリーズのサプリメントもぜひとも継続して飲んでくださいね。アンチエイジングにもいいよ。更年期のピークの私も助けてもらってます。なかなか仕事でしか会えないけど、あと一息がんばっていこ!

2009/05/04 (Mon) 10:19 | 村林多美子 #- | URL | 編集
村林多美子ディレクターへ

おたみちゃん

久しぶりの鎌倉取材。仕事とはいえ、楽しかったよ。しかし、おたみちゃんはいい部下を持っているよね。おたみちゃんがいいボスだから、いい部下が着いてくるんだよね。

そして、若いスタッフに囲まれているおたみちゃんも素敵よ。久しぶり競馬や映画のカルチャーとは全く違った取材だったので、すごく新鮮だった。

次の取材も地方よね?また、よろしくね!楽しみにしているよ。

2009/05/08 (Fri) 05:52 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。