スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒップホップ

新潟日報、山陽新聞の連載エッセイが、やっと10本仕上がった。なんとか締め切り日には原稿を再チェックして入稿できそうだ。2月中旬から土日を抜いた毎日、家庭欄に掲載予定だそうだ。食べ物と交友関係をテーマにしたこの連載は、私にとっても初めての仕事なので、とても楽しみだ。

 忙しさにかまけて、フィットネスクラブをサボっていたら、体脂肪が28%まで上がっていた。おまけに体重も1キロ増。なぜか、香港のクイーンエリザベス2世カップから1年間放牧され、名古屋競馬場で復活したアグネスデジタルを思い出した。確か馬体重23キロ増だった。

 そんなんで、昨日は狂ったようにフィットネスで体を鍛えていた。スタジオプログラムのヒップホップも、ここ1ヶ月はお休みしていたので出席した。インストラクターは24歳のG先生。パフィーのバックダンスもやっているプロ中のプロ。シャイで優しくてカッコよくて、こんなオバハンにも嫌な顔せずに丁寧に教えてくれる。

 確かに振りは難しい。が、スイートボックス、エミネム、アブリルなどのヒップホップ系音楽に乗って踊っていると、楽しくてたまらない。ステップを1つでもクリアーすると、もううれしくて涙が出そうになる。

 このまま、深夜のクラブに乗り込んで一晩中踊っていたくなったので、密かにG先生を誘ったら「えっ?うれっしっスけど、今日は彼女と飲みなんっスよ!今度行きましょう」と断られた。

 調子こくもんじゃない。身のほど知らずとはこのことか。でもG先生は「今度」って言ってたから、まだ可能性はあるよね。「今度」を信じて、めげずにまた誘っちゃおうっと!!!
 
 ダンスと筋トレで汗だくになった体を洗い流すために、ミストサウナに直行。これがまた気持ちいい。ジワっーと霧のシャワーが体の芯まで暖めてくれる。暖かい霧の街角を浮遊しているような感じ。耳を澄ませば、マッシュ・マッカーンの「霧の中の二人」が聴こえてきそうだ。原稿が終わった安堵感。リラックス。至福の時間だ。

 お風呂から上がって、即体重計へ。これだけ鍛えたんだから、体重は2キロ減、体脂肪も25%くらいになっているとばかり思っていた。「えっ?うそーっ?」ちっとも変わっていない。近眼のせいだと思い、大急ぎでめがねをかけてみたけれど、ちっとも変わっていない。

 太るのは簡単だが、減らすのはかくも大変だと実感した。1ヶ月のブランクで、鏡に映ったたるんだおケツと太ももを見て、悲しくなってきた。

 「大丈夫よ、ちっとも太ってないから…。私と同じくらいよ」

 側にいた60歳くらいの女性に慰められた。が、その女性の裸体を見てたまげた。陸に上がった、ジャンクフード食い過ぎの「とど」みたかった。「ありがとうございます」と言うのが精一杯だったが、心の中は「オメーにだけは慰めてもらいたくねーよ」だった。

 「とど」のつまり、明日からもっと鍛えなければと、強く誓ったフィットネスのマリリンでした。
スポンサーサイト
東大生100円のストリップ劇場 | Home | 9条改悪はダメだっつーの!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。