スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イスラエル・パレスチナ問題に関する緊急アピール」

 小中陽太郎さんからイスラエル・パレスチナ問題に関する緊急アピールが届きました。元アジア・アフリカ作家会議事務局員であった私自身もイスラエルのガザ地区への攻撃には釈然としない怒りを感じておりました。そして、ガザ地区の罪もない市民たちの被害は拡大するばかりです。
 
 今日は成人の日、相変わらず成人式の会場で無謀に暴れている若者よ。意識を世界に向けて、イスラエル・パレスチナ問題を理解しろとは言わないまでも、その惨状を知って欲しいです。
 以下の小中陽太郎さんのご投稿に強く賛同いたします。(瀧澤陽子)

         
           「イスラエル・パレスチナ問題に関する緊急アピール」                  
              イスラエルの無差別虐殺に抗議する


成人式の朝、AFPによると、先月27日からのパレスチナ自治区ガザ地区の死者数は885人に達したといいます(朝日新聞1月12日朝刊)。2008年末以来強行されているイスラエルによる無差別虐殺について大きな衝撃を受けています。

イスラエル側はハマスによるテロ攻撃を言い立てていますが、国連パレスチナ難民救済事業の運営する学校3カ所への砲撃により50人を超える罪なき子どもたちが犠牲となったことに、まったく弁護の余地はないと思います。ガーゼの由来といわれるガザ(毎日新聞1月8日)は、いたいけな子どもたちの血で染まりました。かつてアウシュビッツほかで民族クレンジングの悲劇を体験した民族が、今度はおなじ無法行為を行なうとは歴史の教訓をはきちがえています。


この時期の攻撃は、アメリカの政権交代の空白を狙い、欧米の金融恐慌をよいことにしているなどの見方もありますが、自国の安全までも世界秩序の混乱に乗ずる侵略は卑劣極まりないといわざるをえません。

恥ずべきは、曲がりなりにも中東の和平と称して、イラク周辺に自衛隊を派遣したわが国が、政治的戦略に明け暮れ、不況に対策も打てず、アメリカの戦略に迎合して抗議の声も上げないことでしょう。

かつてアジア・アフリカ作家会議において、作家活動にすこしでもかかわり、そのあとアジア・キリスト教協議会でエキュメニカル運動に携わった私としては、政治的・軍事的行動に対する非難の応酬を超えて、思想的、宗教上、大きな責任と無力感に置かれています。

そのことを恥じつつもここにお手紙するのは、下の人びとの勇気を覚えるからです。

かつてドレスデンであったマフムード・ダルウィーシュは生前「壁に描く」(四方田犬彦訳)でキリスト教とイスラム教の文化的同一性を教えてくれました。大江健三郎氏がよく伝えているサイードで、私がショックを受けたのは、アラブ支配階級の責任放棄でした。このとき、自国民衆の抵抗をおそれた周辺諸国の和平案にどれほどの説得力があるのでしょうか。そして、脱走兵運動で会ったチョムスキーが、ユダヤ民族を超えて、力を振り絞って発言をつづけていることに励まされます。

そして、広河隆一君をはじめとし、アラブの民衆と連帯する仲間がいます(朝日新聞1月8日、9日朝刊)。

私たちはどうしたらいいのでしょう。
アジア・アフリカ民衆と文学との交流、連帯を志した人びととも相談して、この問題を憂うる人たちに訴えます。

政治的組織もいまはなく、持ち場であったマスコミへの回路も減ったいま、私に、どのような手立てが残っているかさえ定かではありません。かつての同僚とも話し合って、少なくともみなさんのそれぞれの範囲で、声をあげ、なにがしかの行動を、各自でしてみようと訴える手紙を出してみようと筆をとりました。

2009年1月12日
小中陽太郎(元アジア・キリスト教協議会議長、元日本アジア・アフリカ作家会議事務局長) 

スポンサーサイト
ワクワクする日々 | Home | 「ヨタロウ会」会員の皆様へ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。