スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヨタロウ会」~樽平にて

yotoro
           (小中陽太郎さんを囲んで)


ヨタロウ会
         ( 小中陽太郎さんのウィットのあるご挨拶)


ヨタロウ会はるみ先生
     (小中陽太郎夫人のいつまでもお若くて美しいはるみさんとマリリン)


yotoro
 (左からマリリン、演劇・映画ライターの木俣冬さん、アジアアフリカ作家会議時代からのお友達で文芸評論家の相原なおみちゃん、「知研」事務局長の秋田英澪子さん)

yotoro
 (須藤甚一郎さん、樋口裕一さん、浅井さんなど)

 12月27日午後6時半から、神田の居酒屋「樽平」で、小中陽太郎さんを囲む「ヨタロウ会」が開催された。今回は小中さんが上梓した「市民たちの青春 小田実と歩いた世界」(講談社)のミニ出版記念会も兼ねていた。


 35名もの参加者。かなり大掛かりで賑々しい会になった。

 「ヨタロウ会」の会長の元ポプラ社の名編集長・堀 佶(ただし)さん、平原社の社長のベン(渡辺勉)さん、小中さんの高校時代からのお友達の服部英樹さん、そのご子息の章君、元光文社編集長・浅井清宏さん、その奥様の弥生さん。弥生さんは健康食品会社のオーナーさんだ。アジア・アフリカ作家会議時代からのお友達の相原なおみちゃん、みや通信の坊野秀美さん、旅行作家の近藤節夫さん、尾嶋四郎さん、松川邦生さん、高橋衛さんなどなど。

 会員以外では『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書)で250万部以上の大ベストセラーを生んだ作家の樋口裕一さん、知研代表の八木哲郎さん、同じく事務局長の秋田英澪子さん、多摩大学教授の久恒啓一さん、日本ペンクラブ事務局長の井出勉さん、目黒区議で元芸能評論家の須藤甚一郎さん、演劇・映画ライターの木俣冬さん、学習院女子大教授で経済評論家の片山修さんなどなど。

 司会はいつものように、適当でいい加減な幹事の私が務めた。33名ということで、それぞれの方のスピーチは手短になってしまったけれど、マスコミ業界で活躍する方たちのお話は新鮮だった。

 もちろん、主役は小中陽太郎さん。上梓された「市民たちの青春 小田実と歩いた世界」(講談社)の出版エピソードや出席者の方たちとの交流のエピソードなどを、面白おかしくお話になった。

 奥様のはるみさんは気配りの女性で、会の裏方の私の気持ちを一番に理解してくれる。幹事や司会は慣れっこになっているものの、はるみさんのねぎらいの言葉に、私は俄然やる気が出るのだ。

 お席が隣同士になった方たちは初対面でも、酒宴が佳境になると、もう旧知の友のようにフレンドリーになれるのも、この会の醍醐味だ。

 小中陽太郎さんは、「人と人との出会いを作ってくれる天才だ」と思った。

 「ヨタロウ会会報」の編集が滞っているので、これからは私のブログで、「ヨタロウ会」の報告をし、形として残しておくつもりである。


(写真撮影は服部英樹さんです)
スポンサーサイト
元旦は筋トレで | Home | 超へこむ、クリスマスイブ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。