スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ペンクラブ「懇親会」は競馬談義

浅田次郎さん
(競馬好きの青年と浅田次郎さん、マリリンと3人で競馬談義に盛り上がりました。写メで撮影)


あっという間に一年がたってしまう。

去年、日本ペンクラブの1年の締めくくりとなる「懇親会」に出席したと思ったら、あれからもう一年。

昨日、綺麗なクリスマスイルミネーション、クリスマスソングが流れる日比谷の「東京會舘」に向かった。

いつもお世話になっている、作家の西木正明さん、眉村卓さん、時事通信の相沢さん、常務理事の吉岡忍さん、文芸評論家の清原康正さん、我が師匠の小中陽太郎さんと、歓談。

日本を代表する作家の方たちとのお話は貴重でためになり、それでいてウィットに富んでいるので、めちゃくちゃ楽しかった。

いつも食べ損なっていたきのこ入りオムレツを注文する。最高の美味。何と言ってもデミグラスソースは見た目はあっさりとしてヘルシーなのに、口に含むと濃厚で焼きたてのオムレツと絶妙に絡んでくる。

しかし、マリリンこと瀧澤陽子は、日本ペンクラブの例会や懇親会に行く目的がおいしい物を食べるために行っているようで、文壇の石ちゃんみたい。

そして、日本ペンクラブの専務理事は大流行作家の浅田次郎さん。浅田さんとご挨拶するたびに、出てくるお話は、もちろん、競馬。昨日も今週のジャパンカップのお話になった。競馬の話になると、俄然、私はテンションが上がり、人気者の浅田さんを独り占めしてしまう。

浅田さんとお話したい方が一杯いるので、有馬記念までのところで泣き泣きお話を止めた。ところが、側にいた某出版社の若い青年がこれまた競馬が大好きだったので、またも競馬の話に戻り、盛り上がってしまった。

日本ペンクラブの専務理事の浅田次郎先生が競馬がお好きということで、文壇での競馬のイメージがぐっとあがる。うれしい限りだ。

スポンサーサイト
百合 ONE MAN  "Lily of single-wheel" | Home | できちゃった婚

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。