スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック&ポップスコース開設~洗足学園音楽大学

従姉妹の息子から、

「おばさん、家の大学で来年からロック&ポップス科という学部が開設になって、そのプレイイベントがあるから、見にきてくれないかなー」というお誘いを受けた。

彼は洗足学園音楽大学大学院の音響デザインの学生で、日々新しい音楽を追求し、感性を練磨させながら、頑張っている。

大学の学部でロック&ポップス科が開設されるのは、日本初の試みだそうだ。こりゃー、面白そうだと思い、イベント会場の「東京芸術劇場」に見に行った。

コンセプトが「BACK TO THE ROOTS」というのも気に入った。出演者は甲斐バンド、ゆず、などを生み出したプロデューサーの前野知常さん、元甲斐バンドの松藤英男さんと田中一郎さんなどなど。

ビートルズから始まり、現在に至るまでのロックやポップスの歴史を、音楽評論家の井口吾郎さんが曲の合間に解説してくれた。

69年、ニューヨークの「ウッドストック・ミュージック・アンド・アート・フェスティバル」の話題になった時は懐かしくて、感激だった。この時代の音楽は「愛と平和」。ジミー・ヘンドリックスの「PURPLE HAZE」、ジャニス・ジョップリンの「MOVE OVER」が耳に飛び込んできた時は、興奮で手を振り上げていた。

その後、ロックは、プログレッシブ、ラテン、プラス、アメリカンハード、プリティッシュハードロックと様々な個性を持って姿を変えていった。

閉めの「ブラックナイト」と「ロックンロール」では、目の前にディープパープルとレッド・ツェッペリンが現れたのではないかと思うほどの迫力だった。

映画「スクール・オブ・ロック」でジャック・ブラックが、「学校ではレッド・ツェッペリンも教えねーのか」と言う名セリフを残したが、日本の大学で待望のロック科が登場する。

これからの日本を担おう学生たちが、ロックの原点を学び、それを伝授していく。素晴らしいことである。

従姉妹の息子に、

「オバサンも入学したいよー」と言ったら、

「まだまだ社会人枠はないみたいだよ」と答えが帰ってきた。

うーん。ロックオバサンも真剣に勉強して、一般受験でトライしてみようかな…。
スポンサーサイト
スキミング詐欺顛末記 | Home | 出久根達郎さんの講演~日本ペンクラブ例会

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2010/10/19 (Tue) 22:40 | # | | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。