スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り馬鹿、マリリン

競馬、映画と、実はもういっちょう好きなものがある。


「釣り」なんだ。釣り歴は18年くらいだが、ここ5~6年は全くしてなかった。昨日、久しぶりに市原の海釣り公園に釣りに行った。

アジ、サッパ、シロギス、メジナ、クロダイが、釣れていると聞いていたので、今日はでっかいクロダイも釣って、刺身で一杯なんて、意気揚々と出かけた。

とにかく、まずは小物をと、仕掛けはサビキにした。サビキの仕掛けは好きだ。だって、小さい魚が1本の竿で約8匹くらいは引っかかるからだ。

7年前に、このサビキで体調15センチくらいのボラをつり上げた時は、至福だった。

釣り糸を海の中に落とす。大海に釣り糸を垂れる瞬間、自然を征服したような雄大な気持ちになってくる。

そして、釣りの醍醐味は、あの魚がかかった瞬間の手の「アタリ」だ。持っている釣竿がピくっと動く。その「ピくっ」をほんの数秒だけ実感し、幸福感に浸る。今度は竿が前後左右に魚に振り回される。確実なアタリの手ごたえを確認すると、ゆっくりとリールを巻く。

糸の先には何者が掛かっているのか?ドキドキしながら、ゆっくりとリールを巻く。未知のものと遭遇する喜び。人間はつくづく狩猟民族なんだと思う。

しかし、3時間も釣竿を持てども、待望の「アタリ」は来ない。真夏の日差しに、UVケアをたっぷりして釣り場に立っているのだが、肌がヒリヒリとしてきた。

魚の前に、マリリンの方が焼き魚になってしまう。

仕方なく、今日はボウズで諦めようと、釣り道具を仕舞う。

すると、隣にいたかっちょいい男の子にアタリがきた。その男の子が釣上げたものは、体調25センチのメジナだった。

私は彼のところに顔を出して「おめでとう!」と叫んだ。

「やっと来たアタリなんですよ!!!
彼は顔をぐちゃぐちゃにして喜んでいる。

「でも、私が諦めた瞬間、あなたにアタリがくるなんて、トホホ」

「もう少し、やっていたら来たかもしれないですね。残念ですね…」

「うん。そうかもね…。でも本当に良かったね!おめでとう!」

釣り仲間は競馬仲間と似ている。競馬友達は馬券を外した友達を叱咤激励してくれる。

そして、釣り糸の先の釣上げた魚を眺める瞬間は、自分の好きな馬がゴールを駆け抜けた瞬間を見つめる競馬ファンの興奮した表情にも似ている。

 最高の映画を見た後の映画ファンの表情ともかぶる。

 好きなものを一杯持っている人は、それだけで心の財産家なのだと思う。

 釣りももう少し、極めようかな…。


スポンサーサイト
地デジ | Home | 山本モナと二岡選手不倫騒動の一番の犠牲者

コメント

マリリンが釣りが好きだとは知らなかった!好きなものいっぱい持ちたいね!

2008/07/24 (Thu) 03:52 | yukko #- | URL | 編集
Yukkoちゃんへ、遅くてごめん

yukkoちゃん。

ごめん、ごめん。今、コメントに気がついた。

釣りが好きだって、言わなかった?そうでしたか。競馬や映画の話ばかりしていたから、言うの忘れた。

サンシロ競馬場通いから、シチリー島あたりにまで足を伸ばして、釣りの遠征をお薦めしますだ。

遅い返事、すまんでした。



2008/08/09 (Sat) 17:34 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。