スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の給料日

 この一週間、仕事が忙しくてまともに夕飯の支度もしていなかった。
昨日はなんとか一段落したので、珍しく手の込んだ料理がしたくなり、、台所に立っていた。冷蔵庫に家宝のように大切にしまってあった近江牛。多分、家の冷蔵庫の中身史上、初で最後の霜降りの超豪華なお肉になるだろう。

 いつ食べようかとその日を虎視眈々と狙っていた。

「あ、そうだ!今日は夫の給料日だ」。いつもやりたい放題やらせていただいてありがたいと思っているのに、それなのに、どういうわけかいつもいじめてしまう夫に感謝の気持ちをこめて、「今日はこれを焼こう」と決心。焼肉に合わせて、カブとベーコンのスープを作り、キャベツの千切りでコールスローサラダを作った。冷奴の上には生にんにくのすりおろしをたっぷり乗せた。冷蔵庫の発泡酒「麒麟の淡麗」もほどよく冷えている。


「ただいまーっ!」とでかい声で帰ってきたのは、なんと夫ではなく、今年の4月から社会人になった息子であった。食卓に並べたお料理を見て、
「へー、おふくろさん、今日はずいぶん豪華ですね。原稿終わったの?あーあ腹減ったー」

 どこの家庭でも、平日に家族全員揃って夕飯を食べれる家は少ないと思う。一人が帰って来ては食べ、すると次のが帰る。一家の主婦はその都度、延々と台所を行き来するのである。そう思うと、主婦の仕事は取材や執筆よりも大変な作業だと思う。仕事には終わりの充実感と達成感があるが、主婦の仕事には終わりはない。無限に続くのであるから。

 一番乗りの息子がハイエナのように夕飯にむしゃぶりつく。「あー、うめー!最高じゃん、この肉!!!」
こんなガキに食わせるのには贅沢過ぎる代物なので、せこい私は「パパや妹の分まで手を出すんじゃないよ!」とクギをさした。

 こんな言葉が出るのだから、つくづく、近江牛を食べるような家柄ではないなと思った。言ってるうちから情けなくなってきた。

 満腹になった息子が通勤用の鞄から私の大好きなキャラクター「りらっくま」の封筒を取り出した。

「ハイ、いつもお世話になっています。ほんの少しですが」と私に手渡した。

 中にはピンピンの1万の新札が3枚入っていた。そうだ、今日は夫の給料日だけでなく、息子の給料日でもあったんだ。

 その3万円を握り締めていたら、急に涙が溢れてきた。

 息子は今でこそ1メートル78センチの大男であるが、小さな頃は病弱だった。1歳半で小児ガンの疑いをかけられ、大学病院で大手術をした。事なきを得たと安心していたら、3歳の時に、呼吸困難になるまでの扁桃腺肥大で緊急手術をした。産まれてから3歳になるまでの間に、なんと2度も体にメスを入れたのだ。

 あの小さな息子が一生懸命、病気と闘っていた姿を昨日のように思い出す。そして母親の私も若かったからこそ、肉体的にも精神的にも乗り切れたのかもしれない。

 今また、ピンピンの3万円を強く握り締めている。この3万円は額に入れて、大好きなアグネスデジタルの写真の隣に飾っておこう。
スポンサーサイト
別れのキス | Home | 船橋競馬場のランディ・ローズ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。