スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容院での格差社会

 ショートヘアの私は、月に1度は美容院にカットに行っている。

 しかし、ここ数ヶ月、ドタバタしていて、カットをサボっていたら、なんと、「ゲゲゲの鬼太郎」そっくりのヘアスタイルに変わっていた。めちゃ、ドン引きのサプライズだ。

 うん、見ようによっては、こんもりとした農家の「藁葺き屋根」みたいな形にも見える。世界遺産の「五箇山の合掌造り」にも似ていないでもない。

 若さとナイスバディと美貌以外に取り得のない私は (はい。はい。ふざけんな!という怒り狂った皆様のお顔が思い浮かびますけど、ごめん遊ばせ。今、マリリンは自分をシャーリーズ・セロンだと思いっきり、思い込んで、シュールレアリズムの世界を彷徨しておりやすので) 、こんな藁葺き屋根を頭にかぶっていたら、週末にデートする予定のビジュアル系ロッカー君に嫌われてしまう。

 そんなんで、昨日は試写に行く前に、行き着けの美容院にカットしに行った。

 「ホットペッパーを見た」というと、カット料金が半額近くなるので、受付で、私は「ホットペッパー」も見てないのに、見たと嘘を言い、ディスカウントしてもらう。

 担当の美容師さんは29歳の男の子。いや、もう29歳じゃ、男の子じゃない。立派な男だよね。ものすごく気が弱そうで、赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」に出てくる、頭にいつもハタをつけている「ハタ坊」にそっくりだった。あ、「ハタ坊」は崩れた顔しているけど、この美容師さんは、「ハタ坊」を100倍も美しくしたイケメンで、性格だけが「ハタ坊」に似ているってこと。

 最近、私は女性誌の仕事が多いので、どうしても美容院に置いてある女性誌に目が行ってしまう。
私が映画欄に、協力執筆している女性誌『GRACE』がなかったので、その気の弱い「ハタ坊美容師」にお店に置いてくれるよう、色っぽい目つきで頼んだ。マリリンの百万ボルトの瞳の魅力にひれ伏した「ハタ坊美容師」は、二つ返事で快諾してくれた。

 いいハタ坊だ。あ、元へ。「いいハタ坊だじょ~!」

ところで、常日ごろから、気になっていたのが、美容院に来る女性のお金の使い方だ。

そのハタ坊に、
「30代、40代、50代の女性で、ヘアーに一番お金かけるのはどの世代?」と聞くと、

「やはり、40代50代の女性ですよね。一番ランク上の美容師を指名しますもんね。それにカラーリングやパーマも最高額のプランをお求めですもんね」と、答えてくれた。

 私は50代でありながら、「ホットペッパーを見た」と嘘を言い、最低額のカットをしてもらっているが、そんなことでは、めげない強面だ。見栄とプライドははるか彼方の銀河鉄道の中に置いてきちゃっているも~ん。

「ねー。どうして、40代や50代が一番お金使うと思うの?」と、ハタ坊に聞いた。

「そりゃー、お子さんにお金がかからなくなるし、ご自分にやっと投資できるようになったからじゃないんっすか?30代の女性だと、お子さんが小さくて、お金もかかるから、どうしても、チープになっちゃうんじゃないっすか?あ、でも、30代でも独身だと、そんなことないですよ。40代50代以上に、ヘアーにお金をかけてますから」

「へー?そうなんだ。じゃ、私は50代でも、お金かけないオババだから、ムカついた?」と、私はハタ坊に皮肉を言った。

「あ、あ、あ、そんなことありませんよ。それなりにご事情もありますから…。お客様、全くボクはそんなこと思っていませんから。お客様がたまたま年代順にお尋ねになったので、正直に答えたわけっす」
 と、ハタ坊は焦りまくる。

 それがたまらなくおかしくて、私はニンマリ笑っていた。ここまで性格が歪むと、「意地悪ばあさん」の「おたつ」さんだよね。序盤は「シャーリーズ・セロン」に成りきって行ったのに、終盤は「おたつさん」に変わっていた。

 それにしても、美容院にも、確かに格差社会は広がっている。

それをハタ坊から教わった有意義な1日だった。
スポンサーサイト
「R-40指定の女性映画」鑑賞のススメ | Home | 編集者の力

コメント

ライターは忙しくて”OK”の商売ですかね?

昨年の10月、ロンドンで会った時 、マリリンは確かに2005年頃の「シャーリーズ・セロン」ににてたなーと思い起こしてます。

私は、三月中はPCとにらめっこで、余裕なしの毎日でした。
朝、7時過ぎ家をでて、化粧直しもせず、仕事が終わり、家路につくのは九時半ころ!!

気がついたら、四月ではありませんか?

美容院といえば、私の末娘の旦那(同級生同士)の家が理容室です。
理美容の店で修行したので、13年位、私専任の美容師です。

費用は0円ですが、食事を奢ったり高くついてます。


たまにはハタ坊にでもカットしてもらおうかな、もちろん「ホットペッパー」を持って。

2008/04/02 (Wed) 15:27 | みちる #- | URL | 編集
マジッすか?

いつも、みちるちゃんの書き込みには元気でるでよ。ありがとう。

2005年の頃のシャーリーズ・セロンに似てる?

とすると、この作品は「スタンドアップ」かな?もし、そうなら、めちゃくちゃうれしいです。マリリンはこの「スタンドアップ」で、シャーリーズ・セロンに夢中になったんよ。

あ、それと、宣伝ですが、4月7日発売の「グレース」の映画特集ページにも、シャーリーズ・セロンの「スタンドアップ」もちょい扱っています。

詳細は、マリリンの映画日記で報告しますんで、もうちょいお時間くださいまし。

ホットペッパーはすごいよね。最高のフリーマガジンになっている。
でも、みちるちゃんには専任の美容師がいるんだから、飯くらいしゃーないね。

2008/04/04 (Fri) 20:49 | マリリン #- | URL | 編集

私も、こちらで美容院どうしようかと思い悩んでるうちに、だんだん鬼太郎状態になったきたよ~ 白髪もめだってきたし~~ 世界遺産にならないうちになんとかしなくては!しかし若い美容師さんをいじめちゃだめだよ~

2008/04/04 (Fri) 21:08 | yukko #- | URL | 編集
笑わせていただきました(^・^)

初めまして、いつもマリリンさんのブログを拝見しています。
笑い話が載っているブログの中で、マリリンさんのブログはピカイチだと思います。本当に大笑いしてしまいます。文章だけで、ここまで人を笑わせることのできる偉大なマリリンさんのプロフィールを拝見しました。笑いの裏に隠されたマリリンさんの社会を見る目の厳しさや愛情があるからこそ、お書きになれるのだなと思いました。
これからも、マリリンさんのブログを楽しみにしています。

2008/04/06 (Sun) 06:03 | マリリンさんのファン #- | URL | 編集
ミラノの美容院

yukkoちゃん

ミラノにはお洒落な美容院が一杯あるんじゃね?だって、ミラノコレクションやるファッションのメッカだもん。

多分、ミラノにもフリーマガジンがあって、そこに、激安クーポンがついてんじゃね?

「ゲゲゲの鬼太郎」ヘアからミラノ的エスプリの効いたヘアスタイルに変わったら、ブログの写真にアップしてくれ。

若い美容師さんをいじめてないよ。ハタ坊にただ似ていたからだじょー?
漫画のハタ坊もかわいいーじょー!

2008/04/06 (Sun) 09:26 | マリリン #- | URL | 編集
マリリンのファンさんへ

とても励みになるコメントありがとうございました!

そして、いつも拙いブログをお読みいただき、ありがとうございます!
何よりも、笑っていただけたことで、私はとてもうれしいです!

どうせ生きていくのなら、笑っていきましょう!が私の生き方なんで、また、面白い出来事がありましたら、ブログに書いていきますね。

しかも、私の背後にある、社会を見る目の厳しさと優しさ、という最高の誉め言葉も頂戴して、心から感謝しております。

いつでも、コメントお待ちしておりますので、どうかよろしくお願いいたします!

2008/04/06 (Sun) 09:31 | マリリン #- | URL | 編集

4月7日発売の「グレース」の映画特集楽しみに!!
毎日、帰宅時松原団地駅中の本屋さんで徘徊してるのは、わたしだよ!



2008/04/07 (Mon) 09:41 | みちる #- | URL | 編集
みちるちゃんへ

「マリリンの映画日記」だけでなく、「マリリンの日常日記」でも、グレース5月号の宣伝をしちゃいました!

上のブログをご覧くださいまし!よろしくお願いします。

自慢じゃないけど、いい映画ばかりですから、絶対に感動するけん。

2008/04/07 (Mon) 10:55 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。