スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50円のキャベツ

 近所に安売りのスーパーがある。

 我が家の食料はほとんど生協でまかなっていて、外出の多い私には週1度の宅配が、便利でありがたい。しかし、生協の食料品だけでは足りなくなるのが、野菜なのだ。

 今日は久しぶりにその安売りスーパーに買い物に行ってきた。野菜以外のスペースに行くと、買わなくてもいい物を買ってしまうので、なるべく我慢して素通りするようにしている。

 最近、老後のことを考えて、家計を見直している。チリも積もれば山となるで、なるべく節約するようにしている。水道代も2ヶ月で1万8000円も払っていたが、同じ住居に住む友人の水道代がその半分だと知って、「家の水道代はおかしい。絶対にどこか漏れている」と思い、水道局に電話して調べてもらったが、どこも漏れていないことがわかった。

 その友達のお水の使い方を聞いて、びっくりだった。さすがに家の水道代の半分だと分かった。洗濯は1日おき、お風呂では極力お湯を使わないように注意して、体も髪も全て洗ってから、最後に一気にシャワーして洗い流して貫徹するそうだ。

 私はと言えば、シャンプーをつけている時もボディソープで体をごしごし洗っている時にも、面倒だから蛇口は開けっ放しだった。年頃の娘は1日に2回はシャンプーするし、旦那もいいオッサンのくせに加齢臭が恐くて、朝シャン、朝シャワーしてから出勤する。洗濯もお天気がいいと、3回も洗濯機を回していた。

 これじゃ、確かに水道局の検針には間違いない。早速、節約する友達を見習って、洗濯の回数を減らしてみた。しかし、洗濯の回数を減らしてみても、決して洗濯物が消えるわけではない。数学的な論理から言っても当たり前のことだ。

 どんどん洗濯機に洗濯物がたまり、1日洗濯しないだけで膨大な数に膨れ上がる。だから、翌日にいつもの3倍も洗濯機を回す。1日洗濯機を回していないから、なんだか凄く節約した気分になって、ガラン、ガラン、お水はじゃーじゃーとより羽振りよく洗濯している。

 結果、これじゃいつもよりも水道代が増えそうだ。アホな話。

 あ、今はスーパーの話をしてたんだ。最近、年とったせいか話がまとまらない。いや、もともとクレイジーな頭だから、物書きなんていう商売を選らんだわけで、一般の社会通念の生き方なんてできるわけねー。しょうがない。
 
 さて、その激安スーパーに日替わりサービスの50円のキャベツがあった。実はキャベツだけは昨日の夕方、試写の帰りに駅前のスーパーで98円で買ってきて1個あった。

 だから、たとえ50円のキャベツでも冷蔵庫に入らないし、生鮮物だから長く保存してもおいしくないから、やーめたっと、大根、人参、ピーマン、アボガドだけ買ってレジに並んだ。

 その時だ。前に並んでいたのが近所のオバサン。オバサンの私がその隣人をオバサンというのもなんだけど、その人は選挙のシーズンになるとニコニコ話し掛け、メッチャ愛想がいい。それ以外の時は仏頂面で、挨拶もしない(ここまで書けばどこの政党の支持者か分かるっしょ)。

 そのオバサンが「あんた、50円でキャベツ売っているよ!私は3個も買ったよ。まだ残ってるから、買ってくれば!レジに並んでいてあげるから。早く行っておいで!キャベツは何個あってもいいよね!」と威嚇した。

「うん。そうですよね。でもね、昨日、キャベツ買ったから家にあるの。だから、いらないかも…。」
と私。

「でも、50円なんて滅多にないし、夏ならともかく、今の時期なら冷蔵庫に入れなくも1日くらいは持つからさぁ。買っておいでよ!悪いこと言わないから!」
と今度は目をつり上げて、怒った口調になった。

 なんだか、キャベツを買わないと悪者になったみたいな言い方だったので、仕方なくレジの順番を守ってもらい、50円のキャベツのコーナーに行き、一個だけ持ってきた。

 「ひゃー、良かった、良かった!まだあったんだね。良かった!良かった!これで安心。あんた、私のおかげで、今日はいい買い物ができたね」とそのオバサンはジコマンでガハガハ喜んで、凄い充実した表情をしていた。

 私はと言えば、結局冷蔵庫にその50円のキャベツが入らなかったので、仕方なく、キャベツを台所に放置したままだ。多分、明日の朝にはフニャフニャになっているだろうね。

 必要でもないものを買ってきて、本当に無駄をしてしまった。それが50円でも凄く損した気分になる。この気持ちって、馬券が外れた気持ちと似ている。異常な金銭に対する喪失感と執着心なのである。
 
 しかし、選挙が近づくたびに愛想がよくなるこのオバサンが一段と今日は愛想が良かった。ということは、そろそろ、福田内閣も終焉に向かっているのかも知れない。接待漬けの守屋さんの問題が取っ掛かりか、いや、アルカイダに友達がいたと失言した、鳩山法務大臣のコメントがそうなるのか。しかし、この失言だけはまずかったよね。世界規模的に広がる、アホな失言だと思うからね。ほんと。

スポンサーサイト
コクられたマリリン(*^^)v | Home | ロンドンで感じたこと

コメント

まったく持って無責任な発言、逆切れしてる場合じゃありませんよね。

2007/10/31 (Wed) 20:52 | 俊樹 #emXmKJzE | URL | 編集

主婦してるマリリンさんですか!目に浮かばないのは私だけ?

日本の役人のあきれた行状が、世界中に知れ渡りませんように!

祈ってるこの頃です。

2007/11/01 (Thu) 16:38 | みちるちゃん #- | URL | 編集
俊樹さんへ

 鳩山さんは蝶愛好家で、そのお友達のお友達が、アルカイダだったと海外特派員の記者会見で堂々と言っていた。

 それが、どんなに大きな影響を世界にもたらすか。日本の法務大臣ですよね。今、テロ特措法の延長が物議をかもしているにも関わらず。こんな発言をしてはいけないのは子供だって分かるでしょ?

 それでも、「事実を言ってどうしていけない」と、逆切れしている会見を見て、こりゃー、福田内閣は終わったと思いました。どんな失言よりも、この失言の罪は深く思いですもんね。

2007/11/01 (Thu) 18:10 | マリリン #- | URL | 編集
みちるちゃんへ

マリリンの生活の80%は主婦ですよ。

実を言えば、今でも職業欄に、「ライター」と書くのが自信もないし、こっ恥ずかしいので、「主婦」って書いてしまいます。

「主婦」って、実は一番、大変な仕事だと思います。「主婦」であることに何よりも誇りを持っているんですよ!そして、とっても楽しい仕事だとも思っていますよ。

そうですね。鳩山さんのアルカイダ失言は、今までの議員の中で、「最低傑作」の失言だと思います。日本の法相が「友達の友達がアルカイダで、バリ島のあのテロ事件は知っていた」なんてね。堂々と海外特派員の記者会見で言うんだから、信じられないよ!

この失言は、粘り強く、一過性でなく、追求していくべきです。

凄く怒っている、マリリンです!

ありがとう。

2007/11/01 (Thu) 18:17 | マリリン #- | URL | 編集

競馬場のマリリンと三角のマリリン、昨日11月1日新橋駅近くの書店にて手に入れましたよ。

競馬場のマリリンは、後、数ページで読み終えます。

やっぱり、マリリンさんは”ただ者でない!”

優しい妻?主婦、ライター、インタビュアー、えーと、ダンサー、まだあるかな!!

2007/11/02 (Fri) 09:57 | みちるちゃん #- | URL | 編集
みちるちゃんへ

 「競馬場のマリリン「三角のマリリン」を買って下ってありがとう。
処女作「競馬場のマリリン」は今から5年前の処女作で、特に思い出深いです。

大出費させてしまい、心からお礼です。

こうやって、時が立っても、拙著に興味を持って下さる方がいらして、とても励みになりますよ。

「だだ者ではない!」とみちるちゃんは、マリリンを誉めてくれてうれしいです。でも、マリリンはそんなにご大層なもんじゃありません。誉めすぎですよん。

 でも、これは最高の誉め言葉として、受け止めたいです。本当にうれしいです。

 みちるちゃんも、お仕事、主婦業、遊びに、うーんと満喫してくだされね。

                   無料(ただ)もんではない、マリリンより

2007/11/03 (Sat) 22:09 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。