スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無表情な忍者ハットリくん

安倍総理が辞任した。

 しかし、安倍総理のこだわる11月1日で切れる「テロ特措法」の期間延長って、辞任するほど大事なことなんだろうか?

 私はできませんから、新しい総理に引き継いでもらいたい、とばかり、勝手に辞めて、さっさか入院しちゃったけど…。せめて、「テロ特措法」の期間延長の必要理由くらい、国民に表明してから辞めるべきじゃんね。

 安倍さんが辞めた途端、次期総裁戦のニュースが連日連夜報道されている。麻生さんVS福田さん。一国の宰相を個人的な理由で判断してはいけないが、どちらも好きなタイプでない。

 でも、福田さんよりも麻生さんの方がまだましかもしれない。テレビで「みんなから、やってくれと言われたもんで」と、ちょっとうれしそうに話す福田さんを見て、ぞっとした。小泉首相の官房長官時代から、福田さんの無表情で冷血な目線に、こんな奴が上司や学校の担任教師だったら、ものすごく嫌だなと思っていた。

 冷静と言えばかっこいいが、福田さんは無表情なだけ。論理的で無駄のない話法と言えば聞こえがいいが、心が凍りついているから喜怒哀楽もなく話せる。

 福田さんの口元を見ていると、無表情な忍者ハットリくんが重なる。いや、これはハットリくんに失礼だが、あの口元は確かにハットリ君の口元に似ている。

 総裁になり、もちろんそれは総理大臣にもなることになるから、きっと、福田総理誕生は目前だ。

 あの無表情なハットリくんは、辞任直前まで「美しい国」という観念的な言葉で政治を語った、アホでボンボンだけの安倍さんよりも、国民に冷酷な政策を打ち出すような気がする。

 杞憂ならばいいけどね…。

 

スポンサーサイト
レッド・ツェッペリン復活!!!!! | Home | 不倫疑惑の「姫」さんを見ちゃった(*^^)v

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。