スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小柳ルミ子とマルグリット・デュラス

小柳ルミ子ちゃんが、27歳年下の男性と再婚するそうだ。


小柳ルミ子ちゃんは55歳。恋人は28歳。親子ほどの年の差である。私はルミちゃんよりはちょい年下であるが、すでにヘイケイしている。ヘイケイに伴い、女性ホルモンが減少して、最近ではどんないい男を見てもときめかない。性欲も減退し、過激なセックスシーンが出てくる映画を見ても、何にも感じなくなってしまった。多分、ルミ子ちゃんは、御年55歳でもきちんと月のものが来て、未だ女性ホルモンがルンルンに体の隅から隅まで流れているんだろう。


しかし、超Hなシーンを見るたびに「ゴックン」と生唾を飲み込み、周囲にいる人にその興奮している姿を隠すのに苦労したあの時代は一体何だったのだろうか?今じゃ、きっと、目の前で「ウハウハ」セックスしている男女のそのものずばりを見ても、きっと何も感じないかもしれない。


うん、実を言うと、これでは女はいけないのである。非常にまずいのである。女はどんな年になっても恋をしていないと、朽ちていくのである。つまり、恋愛関係ほど、女性を女性らしくし、そして、多くの心の葛藤や試練を与えてくれるものはないのである。多くの恋に出会い、悩み、こなすことによって、女性はバブル期のように心身ともに大きく成長する。


それを実感させてくれたのが、尊敬するフランスの女流作家マルグリット・デュラスの生き様である。彼女はなんと66歳の時に43歳年下の学生ヤン・アンドレアと恋人関係になるのだ。66歳の初老の女と23歳のピンピンの男。それなのに、デュラスはこのヤンと濃厚な肉体関係まで結んでいる。


ヤンとの関係が熟した時に、デュラスはあの自伝的大傑作「ラ・マン/愛人」を世に送りだした。そして、その数年後、愛するヤンの腕の中で死んでいくのである。作家である前に、女性としてこれほど羨ましい人生を送った女性はいないのではないだろうか。


年を取れば取るほど、若い男のエキスを吸い取り、自らの枯渇しつつある肉体や精神を頑強に再生し、年に逆行するように若返っていく。


小柳ルミ子ちゃんの27歳年下なんて、デュラスの43歳年下男に比べたら、まだまだ青〰い。ただ、この二人の共通点は、その恋人が20代であることだ。今や、50代60代女性をアピールするのが、20代にまで遡ったことに、元気が出てくる。


つまり、50代60代の女性たちにとっては30代40代の男性では、もうオジンで使い物にならないからであろう。20代と言えば、性欲、出世欲、野心、学習欲、食欲、物欲において、頂点に達している年齢であるからだと思う。男が人生で一番輝く時代なのである。


こんな輝く男の時代を拝借して、盗んでしまう女こそ、真に魅力のある女なのかもしれない。ただ、ルミ子ちゃんは、どうも、元夫の大澄賢也へのあてつけみたいな感じがするのが気になるのだが…。


ま、こんな人の恋路にいちゃもんつけて憧れている今の私が一番、惨めなんだけどね。


 


 


 

スポンサーサイト
小田実さんの死を悼んで | Home | 「アイーン」 from London

コメント

マリリンの気持ちすごくわかるよ。ロマンティックな気分になることが 一番の若返りの薬とか・・・ しかし現実は厳しい~~~ まあ映画でも見て 好きな俳優にうっとりして 自分が女性であることを思い出すことにしましょう!トヨエツさま~~~v-238 

2007/07/25 (Wed) 01:17 | yukko #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

大澄賢也大澄 賢也(おおすみ けんや、1965年10月26日-)は、静岡県浜松市中区 (浜松市)|中区出身のタレント、ダンサー。歌手の小柳ルミ子は元妻。静岡県立浜松北高等学校、日本大学芸術学部演劇学科卒業。クラッチ.|Aクラッチ.所属。フジテレビアナウン

2007.07.25 (Wed) 03:42 | あんなの記録

小柳ルミ子小柳 ルミ子(こやなぎ るみこ、rumico(るみこ)としても活動中、公称1952年(昭和27年)7月2日 - )は、日本の歌手、女優である。本名、小柳留美子。福岡県福岡市生まれ。血液型はA型。人物・概要1970年(昭和45年)に宝塚音楽学校を首席で卒

2007.07.25 (Wed) 06:44 | あみのblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。