スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の嫁にしたくない女

 息子も今年で25歳になる。昨日の晩、息子の顔をしみじみと見たら、なんだか、ヒゲも濃くなりオッサン臭くなっていてびっくりだった。心なしか、旦那に似てきたようで、これは喜んでいいのか悲しんでいいのか…。


 私と旦那は同い年で、26歳の時にはずみと勢いで結婚した。現実生活の厳しさや結婚につきもののお互いの親戚との鬱陶しい付き合いなど、何も頭に入れずに独走できたのも、若さゆえの決断だったのかもしれない。この時期を逃していていたら、多分私は一生独身だったかもしれない。


 その年齢に息子も確実に近づいている。私もそろそろ姑になってもいい年、孫を持ってもいい年になってしまったんだと思うと、なんだかやるせない。


 これから、ヒップホップダンサーとなって一花咲かせようと思っている矢先に、一気にモチベーションが下がった。


 でももし息子に愛する女の子ができて、結婚したいと言ったら、私は反対しない。いい姑、いいバーちゃんになって孫を思いっきり可愛がるつもりだ。孫を競馬場に連れて行って、小さいうちから馬を見る目を養わせ、第2の大川慶次郎先生にしてもいい。例え、嫁に嫌がられても。


 そんなアホなことも思っている。しかし、しかし、今日、試写の帰りの電車の中で、絶対にどんなことがあっても息子の嫁にしたくない女を発見した。


 通勤帰りの乗客で車内は混雑していたので、私は手すりにつかまり、今日見た試写のことを考えていた。協力している女性誌「グレース」の映画欄の候補作品に適切かどうかなどと考えていた(「グレース」の映画欄は好評です。編集部のCさんと私は同じ感性でメッチャ気が合う。俳優のイケメン、豊川悦司さんの映画評も素晴らしい。今までにない女性誌の個性的な映画コーナーです。あ、宣伝でした。アハっ(#^.^#))。


 で、前に座っている一人は女子高校生で、今時珍しく制服をきちんと着た、髪も真っ黒、メイクのない素顔が初々しかった。この女の子は参考書を広げたまま、居眠りを始めた。多分、かなり一生懸命勉強するマジメな女子高生なんだろう。寝不足のためか、船をこぎ始めた。


 頭が右に行ったり左に行ったり、両隣にいた人には多少迷惑な感じはしたかもしれない。私も時々、こんな居眠りをこいている垢抜けねーオッサンが寄りかかってきたら、マジ切れするが、それでも、我慢して、「うん」とか声を出したり、さりげなくよけたりして、相手が目覚めてくれるまで忍の一文字で待っている。


 ところが、である。左に座っていたそれは美人の25歳くらいのOLの子が、その女子高生の頭を思いっきりヒッパたき、「何、寝てんだよ?迷惑なんだよね。止めてよね!!!」と大声で凄んだのだ。


 その若いOLの子の般若面のような恐ろしい顔に私はびっくりだった。確かに女子高生の船こぎは迷惑だったかもしれないが、頭をひっぱたくなんて、尋常じゃない。一見、綺麗できちんとしているような女だったからこそ、なおさらショックが大きかった。虫の居所が悪かったにせよ、暴力はいけないよね。ほんと。


 寝ている女子高生の頭を張り倒したんだよ。ビシッと音がするほど強くね。その女子高生は睡魔も吹っ飛び、「ごめんなさい」と泣きそうに謝り、次の駅で降りちゃったんだよ。


 こんな女は絶対に息子の嫁にしたくないと、つくづく思った。綺麗な花には刺がある。しかし、同じ刺でも、この刺だけはちょっと人間性を疑うね。


 もしも息子がこんな女を嫁に選んだら、私はワールドカップでマテラッツィに頭突きして晩節を汚してしまったジダンみたいに、思いっきり パッチギしてやるからな!


 


 


 

スポンサーサイト
日本ペンクラブ総会 | Home | 迷惑メール

コメント

スカっ!!

マリリンさん、こんにちわ。
マリリン節、好調ですね。また笑わせて貰いました。
これからも楽しみにしてますよ!!

2007/05/10 (Thu) 21:24 | grass #- | URL | 編集
grassさんへ

ありがじゅう。ありがとう。

本当に今は見かけがちゃんとしている人ほど、内面が恐ろしいということでしょうか?マリリンは見かけも内面も恐ろしいから、いえ、違った、みかけも内面も美しいから、本当に神様に感謝していますだ。


バルク、シンガポールに到着したようだよ。!

2007/05/12 (Sat) 11:51 | マリリン #- | URL | 編集
心のあったかいマリリンさんが大好きです!

マリリンさんの洞察力、いつもながら鋭く、楽しく拝読しました!

それにしても、ホントひどい女性がいるものですね。
何も叩かなくってもいいのに・・・。
その女子高校生、今回のことがトラウマになって、年上女性が恐いと思ってしまわないでしょうか。そうならないことだけを祈っています。

心が貧しい人、耐性の少ない人が増えていて、世の中が危機的状況になっていると感じる私です。




2007/05/18 (Fri) 10:37 | さんちゃん #- | URL | 編集
さんちゃんへ

ありがとうね。

昔はさ。あ、さんちゃんは可愛いお嬢さんだから、知らないと思うけど、犯罪者ってのにはパターンがあったんだよね。

強面で見るから人相の悪い人が犯罪者だった。でも、現代は違うよね。
犯罪までも複雑になって、表面は綺麗で垢抜けていて、見かけは普通ででマジメそうな人なのに、そんな人が犯罪者になっている。いえ、そうならっている猟奇的な社会背景に一番の病巣があるのかもね。

イギリス人の女性英語講師を殺した犯人も、表面的にはこざっぱりした普通の男。親も裕福な知識階級だしね。

でも、この普通で害のない風貌の人こそ、恐いってことでしょうか?

確かに世の中が危機的状況になっているんでしょうね。

犯罪者も善人者も全く区別が付かない。現代に生きる人は何を信じ、何を目安に生きるべきか、本当に危機的状況だと、マリリンも強く感じる今日この頃です。


2007/05/18 (Fri) 20:01 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。