スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年を振り返って

今年1年を振り返ってみた。

競馬、映画と充実した1年だった。待望の2作目も上梓することができた。無事これ名馬というが、私も大病も怪我もなく2006年がなんとか終わろうとしている。

辛かったこと、大変だったことも、この充実に繋がるための試練だったんだと改めて思っている。

いい事、悪いこと、色々あったが、今はいいことだけを思い出している。その中で一番いいことは、82歳になる私の母のことだ。私の母は10歳の時に父親に先立たれ、母子家庭で育った。3人兄弟の長女の母は、妹や弟の世話をしながら、農家で働く母親、つまり私の祖母を助けるために、家事を一手に引き受けていた。

まだ幼い母の小さな手は冬になるとひびやあかぎれで腫れ上がっていたそうだ。まだ、まだ遊びたい盛りの母は学校から帰ると、妹や弟の世話や夕飯の支度をしなければならなかったので、まともに友達と遊んだこともなかったようだ。

まだ、まだ日本は貧しい頃で、今みたいにファミコンもビデオショップもない時代。子供の遊びは外だけだったから、なんだかそれだけでも胸が詰まってくる。

私と母はまるっきり性格が正反対だ。母は大正生まれの厳格な父に嫁ぎ、舅、姑にも仕えた。夜は一番遅くまで起きていて、朝は一番早く起きる。これが戦後の日本の嫁の典型だった。私は文句一つ言わず、家事の切り盛りに明け暮れる母が反面教師になり、絶対に長男のところには嫁がない、厳格でわがままな男とは結婚しない。そう思っていた。

これは確かに実現はした。しかし、振り返ると、厳格でチョーむかつく父親も今から4年前に他界した。ちょうど、「競馬場のマリリン」を出版した年だった。病に倒れた父は気弱になったのか、初めて、私の存在を認めてくれた。父も子供の頃、小説家になりたかったことなど、病院の病室でこっそり教えてくれた。それからは、私の作品を誰よりも楽しみにしていたが、残念なことに出版が間に合わず、ついに帰らぬ人になった。私は父の棺にそっと、未完成のゲラを入れた。そして、棺の中で一回りも小さくなり、全く動かない父の最期の姿を見て、泣いていた。

そして、2006年が終わろうとしている。そうだ、今年一番良かったことに話を戻そう。82歳のその母が曲がった腰を折りたたむようにコタツで丸くなり、毎日のように少しずつだが、「三角のマリリン」を読んでくれている。昨日、近くに住む母を訪ねた。「おまえ、本の中にヨン様の悪口あるけど、ヨン様が怒らない?」とか「それにしても、ヨーコの頭はおかしいね。昔っからおかしな娘だったけど」と笑っていた。

読者があってこそ、物書きである。私はずり下げた老眼鏡で、コタツで猫のように丸くなって、熱心に私の本を読んでくれている最大の、最愛の読者を発見したこと。これこそ、今年最高のいいことだった。
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます! | Home | 理解のいらない理解

コメント

まりんも・・

今年は幸運にも大好きなマリリンさんとお話ができるようになって、一年を振り返ると、幸せだったなぁって思っています。
ようやく本を読み終えた、まりんですが、マリリンさんのお母様がまりんと同じように毎日少しずつ読んでいらっしゃるんだなと傍らにマリリンさんの本を置き、ほんわかした気分を味わっています。
今回の本は、普段映画館でも家でも映画を見る機会がめっきり減ったまりんには、そういう映画だったんだーと、今度お勧めの映画のDVDでも借りて見てみようかなぁという気持ちも出てきました。
まりんは、地方競馬のこともよく分からないのですけど、コスモバルクのお話のところでは、マリリンさんが応援する気持ちがやっと分かっって良かったです。^^ 最後まで読んで一言(笑
もっと分厚くなってもいいですから、マリリンさんには、もっともっと競馬の話を書いていただきたいなーとファンとして思いました*^^*
今度はいつ出されるのですか?(って気が早いかしら・・)
今から次回作が楽しみです*^^*
それまで、この宝物の2冊、読み返すことにします。
来年もどうぞ良いお年をお迎えください。

2006/12/31 (Sun) 11:18 | ゆうまりん #- | URL | 編集
心からありがとう!

ゆうまりんさん。

本当にありがとうございます。私の本を宝物に思っている方がいること、これも、私の母と同じように、最大で最愛の読者です。

本当に1年頑張ってきて良かったぁ!心から思っています。見ず知らずのゆうまりんさんなのに、ここまで、マリリンを愛してくれ、大切に思ってくれる読者を得た私は幸せものです。

そうですか。もう3作目を楽しみにしていてくれるんだね。うれしいです!うん、そうだね。来年から、また、競馬場のマリリン、フル稼働しますね。
元気一杯、競走馬を競馬の話を書いていきます。ですから、来年も暖かくて、力強いご支援お願いしますね。

マリリンもゆうまりんさんと出会えてとてもうれしかったです。

ゆうまりんさんにとって、来年が素晴らしい年になりますように!

ありがとう!

2006/12/31 (Sun) 17:38 | マリリン #- | URL | 編集
今年も素晴らしい年になりますように・・・!

まりりんさん、明けましておめでとうございます!

「三角のまりりん」、私も大切に読ませていただきました。
マリリンさんのお蔭で、競馬がわからなかった私も馬や競馬にかなり興味を持つようになりました。世界が広がっています。
例)
1:競走馬には雌も雄もいること 
2:「三角コーナー」から本のタイトルが「三角のマリリン」になっていること!

今年もこのブログ、楽しみにしています。
益々ご活躍されますこと、心より願っています。

2007/01/01 (Mon) 19:54 | さんちゃん #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。