スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雪に願うこと」も叶わなかった輓営(ばんえい)競馬の廃止問題

輓馬(ばんば)をテーマにした映画「雪に願うこと」は素晴らしい映画だった。

根岸吉太郎監督が独自の視点で輓馬を描き、この作品は東京国際映画祭でグランプリを含む4冠に輝いた。私は輓営競馬をこの映画で初めて体験した。人生に挫折した青年が、生まれ故郷に戻り、輓馬たちの境遇やがんばりを見て、自らの人生に新たな希望を持つという話だった。

調教師の兄、佐藤浩市のセリフが今でも頭から離れない。「馬見てんと気持ちが落ちつくべ」である。

これは輓馬に限らず、馬として生を受けた馬たち全てにいえる。競走馬であろうが、農耕馬であろうが、馬たちはなんらかの形で人間と共存し、人間を助けてきた大きな存在である。

私は「雪に願うこと」が一般公開され、多くの人たちに支持されたことを競馬メディアではなく、映画メディアの人から聞いていた。だから、
この映画のおかげで、輓営競馬が再び脚光を浴び、多くの人たちがあの健気な輓馬、雲龍(うんりゅう)が臨んだ過酷で厳しいレースを見るために、足繁く帯広や岩見沢や旭川に観戦に通っているのではないだろうかと、楽観的であった。

しかし、この映画に感動はしたものの、現地に行き、輓馬たちを応援しようとしなかった私であるのだから、人のことは言えない。こんなに切羽詰まった状況にあったことを知らされ、なんとも不甲斐ない自分を恥じた。

競馬と同じように、映画は人を動かすとばかり過信していた。なぜなら、あの京葉工業地帯の寂れた木更津の商店街は「木更津キャッツアイ」のブレイクで、また活気が戻ってきたという報道を目にしたからだ。

東京国際映画祭がどれほどインパクトがあり、権威のあるものかはわからないが、それでも、グランプリを取った以上、世論を動かし、輓馬を知らなかった私たちにその素晴らしさをメッセージとして送ってくれたとばかり思っていた。

でも、結果は皮肉なことに、グランプリを取った年に廃止になりつつあるという。

もし廃止になれば輓馬たちの今後はあまりにも悲しい末路が待っているという。

映画は絶対的に世の中を動かし、人々に感動と夢と希望を与え、ある種の救世主になると過信していた私である。しかし、その限界を痛いほど思い知らされた輓営競馬廃止問題のニュースであった。映画の役割はかくも弱小であったとは…。虚しい。表現することの虚しさにユーツになっている。


監督の根岸吉太郎さんはどう思っているのであろうか?
スポンサーサイト
石原真理子の気持ち | Home | ディープインパクト、おめでとう!コスモバルク、いい競馬をありがとう!

コメント

はじめまして、ビジーといいます。
ランキングから来ました。
今年もあとわずかですね。がんばって競馬で稼ぎたいですね。
では、またお邪魔します。

2006/12/03 (Sun) 23:37 | 儲かる馬券投資法 #- | URL | 編集
ビジーさんへ

コメントありがとうございます。

馬券をあてるのは本当に大変ですよね。なかなか当たらない。
今年は、フサイチパンドラとシンガポールのバルク以外はみんな外れています。

今年は馬券では10万円くらい損しているみたいです。年末には、ドカーンと一発やりたいですね。阪神、ウォッカは大好きなギムレットのお嬢。
でも、残念、馬券買ってないからくやしい。

2006/12/06 (Wed) 00:36 | マリリン #- | URL | 編集
ばんえいをよろしくです。

はじめまして、本題とは違う書き込みで失礼します。
「ばんえい競馬」が存続の危機に面しています。
私は単なる一競馬ファンのおやじですが、
是非、競馬ファンのご理解とご支援をお願いいたします。

つづけよう!ばんえい競馬
http://homepage2.nifty.com/banei/index.htm

帯広市長に「ばんえい競馬」存続を求める署名運動
http://carol.chu.jp/banei/

残そうばんえい競馬
http://www.gracom.net/nokosou.html

ばんえい競馬公式サイト
http://www.banei-keiba.or.jp/

2006/12/12 (Tue) 14:11 | □地&○地 #aicUb4ck | URL | 編集
帯広だけでも残ったようですね。

なんとか、帯広だけでも開催が決定されたようですね。

本当によかったですね。一過性でなく、永劫になるように、映画ではない本物のばんえい競馬を見にいくつもりです。

書き込みありがとうございました。

2006/12/16 (Sat) 09:18 | マリリン #- | URL | 編集
こっそり

こっそり、遊びに来ました。

お時間がある時で結構ですので、宜しければ
私のブログにも遊びに来てください。

2008/05/11 (Sun) 02:07 | ゆかりん #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。