スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープインパクト、おめでとう!コスモバルク、いい競馬をありがとう!

くだくだ、悩んでいたけど、やっぱ、府中に行った。
どんな結果になろうとも、ディープもバルクも勝利を目指して一生懸命走るんだから、それを見てあげなければ、私の人生に後悔が残る。

結果。行ってよかったよー!本当に行ってよかったよー!

ぐちゃぐちゃしていた自分が恥ずかしい。本当に恥ずかしいや。

やっぱりディープの実力は本物だった。ロンシャンのあの件を忘れて応援するファンの声が東京競馬場に轟いた。

「ディープ、がんばれー!豊、がんばれ!」。パドックやスタンドのあちこちで興奮した声がこだましていた。その声を聞いただけで涙が出そうになった。一頭の競走馬に夢を託す、しかもその馬は世界一のスターホースになるはずであったのに、思いもかけぬ事件に巻き込まれ、叶わなかった。

しかしそれも杞憂だった。元々強い馬は確かに強いのだ。どんな紆余曲折があろうとも、本当に強かったんだ!12万人のファンから、喜びと安堵の声がもれた。

パドックの豊騎手はどことなく、緊張していた。顔が引きつっていた。
同じく、あの小柄のディープの顔もいつになく厳しい顔に見えた。しかし、勝利に輝き、検量室前に到着した二人の表情はともに同じだった。
「あ、これで俺たち、日本の俺たちのファンを悲しませなくてすんだね」という安堵の表情だった。勝利の喜びよりも、心の底からホッとした人馬の安堵の表情の美しさを味あわせてくれたジャパンカップだった。生涯忘れないだろう。

と、でも私はコスモバルクの応援が本分であったことに気がついた。バルクはなんとちゃっかり4着の位置にのんびりと立っているではないか。逃げて逃げての戦略だった。凄く心配だったが、逃げ馬がいない今回のメンバーの中であえてバルクは冒険に出たのかもしれない。

功を奏し、競り合っての4着。欲を言えば3着になれたかも。でも、ここまでやってこれた、ここまで粘り強く掲示板に馬番を点灯させるバルクの力に敬服していた。

今日は本当に行ってよかった。幸せの気分。最高のジャパンカップだった。


さー、次は有馬記念だ。ドキドキするけれど、ぐちゃぐちゃしないで、素直に、目いっぱい馬たちを応援しよう!
スポンサーサイト
「雪に願うこと」も叶わなかった輓営(ばんえい)競馬の廃止問題 | Home | 明日は行くべきか行かざるべきか/ハムレットマリリン

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。