スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【優駿10月号】

全くの宣伝です。


9月25日発売の「優駿」10月号の巻末特集ページ「秋の夜長に楽しみたい馬映画」で、映画評論家の旋丸巴さん、北川れい子さん、秋本鉄次さんと一緒に、寄稿しました。。


シネマライターでもある瀧澤陽子の推薦の映画は、「シービスケット」「夢駆ける馬ドリーマー」「背信の行方」「現金(げんなま)に体を張れ」の4本です。「現金に体を張れ」は一番大好きな監督、スタンリー・キューブリックのデビュー作です。キューブリックも競馬でデビュー。なんか、凄く感無量です。


クロスレビューにも参戦して、「緑園の天使」「ヤング・ブラック・スタリオン」「のるかそるか」で星印を打っています。


ご興味のある方は、今月号の全国発売の競馬雑誌「優駿」10月号の169ページを是非、ご覧ください。


表紙は、やっぱ、ディープインパクトです。凱旋門賞、ロンシャン競馬場の詳細が載っていますので、ロンシャン競馬場を訪れるファンには参考になる号だと思っています。


よろしく!宣伝でした!


 

スポンサーサイト
「苦しみは変わらない、変わるのは希望だけだ」よ。ディープインパクト! | Home | 秋天ですね!バルク!

コメント

「優駿」の169ページですね。
マリリンさんの鋭い視点で評価されたであろう映画評、今から楽しみです!
明日しっかり読ませていただきます。

2006/09/27 (Wed) 21:44 | さんちゃん #- | URL | 編集
キューブリック

そういう映画だったのですね。今度DVD借りてきます。
ピリリとスパイスの効いた映画評、おもしろかったです。馬そのものより、競馬と世相と犯罪に注目した映画の選択が、興味深かったですよー!

2006/09/29 (Fri) 23:09 | grass #- | URL | 編集

水曜日の夕方、秋葉原の本屋さんで「優駿」を手に取りました!
マリリンさんの雰囲気がよ~く伝わる映画評でした。

素晴らしい「優駿デビュー」、おめでとうございます!

*いよいよディープ、凱旋門に登場ですね。こちらも楽しみになってきました。

2006/09/29 (Fri) 23:54 | さんちゃん #- | URL | 編集
さんちゃんへ

ありがとうございます!

まだ、まだ推薦したい映画があったんですが、とりあえず、マニアックな競馬ファンを対象にでなく、誰もが見ても、楽しめる映画を選んでみました。

今日から「カポーティ」「レディ・イン・ザ・ウオーター」が公開されましたね。この2本はかなり面白いかった。

あ、邦画では「シュガー&スパイス 風味絶佳。」この映画は素晴らしいです。

明日は待ちにまった凱旋門賞、本当はロンシャン競馬場にいるはずだったけど、お家でインサイドビューイングです!

2006/10/01 (Sun) 00:41 | マリリン #- | URL | 編集
grassさんへ

ご感想、サンキューです!

スタンリー・キューブリックの実質的に初監督作品となった「現金に体を張れ」は、映画としての完成度が高く、素晴らしい作品でした。この作品が礎になり、「2001年宇宙の旅」や「博士の異常な愛情」の傑作へと繋がったんだと、今さらながら驚嘆しています。

奇才、天才、キューブリックが競馬に興味を持ってくれたことそれだけで、キューブリック崇拝者のマリリンはうれしかったですねー!



2006/10/01 (Sun) 00:47 | マリリン #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。