スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜作り

最近、年金生活者のための雑誌が本屋さんにたくさん並んでいる。「いきいき」「年金生活。」などなど。

これも高齢化社会が生み出した雑誌なのかもしれない。自分にはほど遠いものだと思っていたら、あっという間にその日が目前に迫っている。

「私は私、ずっと変わらない。映画、ヘビメタ、ボクシング、サッカー、旅行、もっちろん競馬だけを追いかけて老後を過ごすぞ!」と固く誓っていた。

高齢者の楽しみ方である「田舎に住む」とか「趣味に生きる」。その中で圧倒的人気なのが「家庭菜園」あるいはレンタル農園で野菜を作ることらしい。そんなことなど、私は絶対にしないと思っていた。なぜなら、子育てだけで精いっぱいだったので、例えばペットや野菜や花などの命のあるものには二度と責任を持ちたくなかったからだ。つまり、手間暇かかるものは子育てだけでたくさんだった。

ところが、である。雑草だらけの猫の額ばかりの我が家の庭はジャングル化していて、やぶ蚊がブンブン飛んでいるので庭に出たことがなかった。

それなのに何を思ったか、私は何のためらいもなく、アマゾンで草刈り機「草刈り健太君」を購入していた。草刈りのために買ったかというと、実は「草刈り健太君」の名前が面白かったので買った。

でも、届いた以上は使用しないとと思い、先日、草刈り健太君を作動させた。そしたら、猫の額のジャングル庭の雑草が見る見るうちに刈られて、土が顔を出した。初めて、自分の家の庭に土があることを発見した。そして、見ると案外、庭が広かったことに驚いた。

「なんか、庭ってジャングルじゃなかったんだ。結構、いいロケーションじゃない」
と、独り言を言った。

で、この間、ホームセンターに寄ったら、園芸コーナーに29円でキャベツ、レタス、ししとう、トウガラシ、ナスの苗があったので、突然、私は買うことにした。この安さなら失敗しても損がないもの。

子育て以外に生命体に責任を持ちたくなかった私だが、急にすっきりしたとキレイになった庭で野菜を育ててみようかという気持ちになったのだ。

園芸に詳しい友達に植え方を教わり、なんとか苗を植えた。水遣りや追肥をしていると、なんと、苗はだんだんと大きくなっていくではないか!

こうなると、「早く大きくなれ、早く花よ咲けよ、実がなれよ!」と、お百姓さんの気持ちがよくわかってきた。毎朝、水をやる喜びで胸がいっぱいになっている。

「いきいき」や「年金生活。」に登場する年金受給者の趣味の菜園の喜びが手に取るようにわかったのだ。

しかし、ここで私は彼ら、彼女らと決定的な違いを発見した。たった、5つの苗しか植えていないし、実がなるかもわからないのに、私は密かに自分の作った野菜を「道の駅」に出荷しようと思っているからだ。

「製作者はマリリン。無農薬で真心をこめて育てました。とってもおいしいですよ」のキャッチコピーまでも考えていた。

「誇大妄想もいい加減にしな!」と、友達に恫喝されたが、壮大な夢を持つことこそ、老後じゃないのかしら。つまり、私の場合、転んでもただでは起きないとんでもないババーとして君臨し続けるってこと。

2野菜
スポンサーサイト

ギリシャ旅行

ここ2か月ばかり、取材や執筆に追われていたので、なかなか、ギリシャ旅行をしたことを書けなかった。

実は2月ギリシャに行ってきたのだ。金融破綻というギリシャの経済が揺れている最中での旅行なので、そういった意味からもギリシャを見てみたかった。

到着した日は異例の大雪。最初の目的地が山間部のカランバカだったので、山々が雪に覆われて、実に幻想的だった。

訪れた場所の思い出はたくさんあるので、書ききれない。映画と競馬をメインに執筆している私にとって、ギリシャでは思いもかけない出会いがあった。競馬では「マルコポーロ競馬場」、映画ではギリシャを代表する大女優である「メリナ・メルクーリ」の展示室。彼女の「日曜はダメよ」はあまりにも有名である。

そして、何よりも、訪れた観光名所の素晴らしさはさながら、そこに住む人との出会いはもっと魅力的であった。

旅から帰ると、2か月もしないうちにまたも旅に出たくなる。「旅病」はどんどん重症化しているみたいだ。


アクロポリスの丘
(アクロポリスの丘)

エーゲ海クルーズ
(エーゲ海クルーズ)

マルコポーロ競馬場
(マルコポーロ競馬場 これはのちにマリリンの競馬日記に書くつもり)

メルナ・メルクーリ展示場
(アクロポリスの丘の下にあるギリシャを代表する女優、メルナ・メルクーリの展示場に偶然入ることができた。彼女の偉業が詰まった素晴らしい展示場である)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。