スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お」のない「もてなし」沢木耕太郎特別寄稿 ~「月刊ホテル旅館」

月刊ホテル旅館


沢木耕太郎寄稿


旅を語り、映画を語る。そして、ロバート・キャパの人生を長年追いかけてルポした著作「キャパの十字架」では、キャパの「崩れ落ちる兵士」という疑惑に満ちた作品の真実を追求し、司馬遼太郎賞を受賞した。

オールランダーの作家と言えば、頭に浮かぶのは沢木耕太郎さんしかいない。私も映画評を書くので、沢木さんの映画コラムにはいつも触発され、「なるほど!」と唸らせてもらっている。

そんな、沢木さんが柴田書店の「月刊ホテル旅館」創刊50周年記念号に寄稿されているという情報をいただいたので、真っ先に読ませていただいた。

タイトルは「お」のない「もてなし」。このタイトルで誰もがピンと来るだろう。日本オリンピック招致を決定にした滝川クリステルのスピーチへのアンビバレントであることを。

日本国民がオリンピック招致で浮かれているが、招致が決まった以上、日本には山積み課題が課せられる。その中でも、海外の選手や観光客が何十万人も訪れることから、一番のホスピタリティにもなる「ホテルや旅館」の在り方である。

沢木さんは世界中を旅している。そして、世界中のホテルに泊まっている。そんな沢木さん流の海外のホテルでの本来の「もてなし」方について熱く語り、日本のホテル業界にも強烈なアドバイスをしているのだ。

沢木さんの今までにない異色のアプローチで書いている雑誌が、柴田書店発行の「月刊ホテル旅館」であったことに、私は驚嘆している。食の老舗の伝統ある出版社だからこそ、こんな斬新な企画が通り、実現できたのかもしれない。

オールラウンダー沢木耕太郎さんに、またまた驚かされてしまった!



スポンサーサイト

「ごちそうさん」が面白い!

与党の強行採決で特定秘密保護法案が可決した日から、もう日本は終わりかもしれないなんて悲観的になっているのだ。

日本はどんどん右傾化していく。それが前哨戦になり、戦争を起こす国には絶対になってほしくないのだ!

東日本大震災の復興もままならず、福島原発に至っては何の解決もしていない。また巨大な地震が来れば、東日本はお終いになるかもしれないという危機感さえはらんでいる。

そんな憂鬱な毎日の中で、唯一の楽しみはNHK朝ドラの「ごちそうさん」である。

前回の「あまちゃん」も楽しかったが、実は、私は今回の「ごちそうさん」の方が好きなのである。

「ごちそうさん」は、杏ちゃん演じるめ以子さんが、旦那の家に嫁ぐことの大変さ、嫁であることの大変さを、一般目線で描いているからである。関東から関西に住み移ることの大変さ、同じ日本人であっても、地域が変わればかくも違うという点を実に詳細に描いているのだ。

「嫁ぐということは旦那の家の人間になること」

これが明治時代の日本の女の本来の姿だったのだ。そこには出戻りの姉がいたり、無口でびくびくした妹がいたり、わけのわからない継母がいたりで、昔はどこの家でも訳ありだらけだったことも上手く描きだしている。

特に出戻りの和枝さん演じるミドリ・緑子の意地悪姉は圧巻で、このドラマの幹となっている。ジムの体のトレーニングで一番大切なのが体幹運動。幹がきちんとしてないと体全体のバランスが悪くなると同じように、まさにこの幹こそが和枝さんなのだ。

その和枝さんが、最近、結婚詐欺にあい、自死さえ決意する。その不幸な生い立ちに、視聴者の私はだんだん和枝さんに同情してきたのだ。

さんざん「いけず」だった和枝さんが、少しずつ少しずつ変わってきている。この変化こそが、このドラマの魅力になっていることは間違いない!

あーあ、今日は和枝さんにめ以子さんがイワシのお料理を習うところから始まる。

めっちゃ楽しみーーーー!ごちそうさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。