スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「KAGEROU 」齋藤 智裕著

「本が売れない」

ここ数年、出版関係の人たちからそんな愚痴ばかり聞いてきたので、今日発売になった齋藤 智裕著「KAGEROU」がどんなに売れているか、近所の書店にリサーチに行ってきた。

先行予約43万部という、出版不況には天文学的数字にも見える快挙に、私はほくそ笑んでいた。活字がいかに駄目になろうが、一般庶民が読みたいと思った本を作ってあげれば、読者は必ずついてくるのだ。

齋藤 智裕なる人物が、ポプラ社小説大賞に応募して、大賞に輝いた。なんとその受賞作者が、水嶋ヒロ君だったというエピソードに、何やら「できレース」っぽさを感じたのは私だけではないだろう。

事務所を辞めたばかりの水嶋ヒロ君がいきなり「小説家になりたい」と、記者会見で宣言した矢先にこの受賞であるから、なお更そこに作為が感じられた。

しかし、思えば、誰もがこんな単純な流れに疑問を抱くのは百も承知であるから、大手のポプラ社も当事者の水嶋ヒロ君もこのレールが引かれた「できレース」に、まんま乗ったとも思えない。

あまりにも「できレース」っぽいからこそ、むしろ裏を返すと、これは真実ではなかったのだろうかと思い始めていた。

ま、これは水嶋ヒロ君ご贔屓の私の見解なのだが…。

「今朝、開店の時には350冊も平積みに置いてあったんですが、今は35冊しか残っていません。なんと、夕方までに約320冊も売れたんですよ!」と、店員さんがうれしさMAXの笑顔で「KAGEROU」を手にとって見ている私に言った。

最近、どの書店に行っても、店員さんが、元気ないつーか、やる気ないつーか、仏頂面つーか。あんまりいい印象を持っていなかったが、このピュアな笑顔を拝み、私までもうれしくなってしまった。

「1Q84、抜いちゃうのかしらね?」と、私。

「いや、どうでしょ?この勢いだと在庫がなくなり、すでに増刷しているんじゃいなですかね?」と、今度は競馬の3連単で高額配当500万円くらいの馬券を手に入れた競馬ニーちゃんみたいな喜び方をした。


「お買い上げにならななくてもいいですから、手にとってご覧になってください」と、まー、なんと気風のいいこと。

 私はお言葉に甘えて、1ページ目を開いた。わかり易い文章であるとは聞いていたが、それは活字組によるものだとわかった。活字がいっぱい詰まった文章というのは、どれだけ素晴らしいものであっても、中々、内部に入っていけないからだ。

 主人公のヤスオは自殺志願。ビルから飛び降りる準備をしている。そのヤスオの目から見た風景が、丁寧に描写されている。

 水嶋ヒロ君はかなりの読書家であったのであろう。形容詞が実に巧みである。レトリックも抜群だと思った。しかし、どうも、その文章の中に真意や躍動感が伝わってこない。が、処女作としては、ここまで頑張って書けている水嶋ヒロ君はあるボーダーはクリアしているのではないかと思った。

ま、触りしか読んでいないので、これじゃなんとも言えないから、1冊購入しようと思って、レジに並んだ。

「ガーン!!」

なんと、お財布の中には千円札一枚しか入ってなかった。「ぞっ」として、レジの列を何もなかったかのように何気に離れた。

うーん。こういったアホな読者がいることも、水嶋ヒロ君は想定していたのかしら…。

いずれにしても、書店の店員さんをこんなにうれしがらせ、こんなにたくさんの人たちを書店に向かわせ、活字の偉大さを再認識させ、出版不況に歯止めをかけた水嶋ヒロ君の力は、「ハンパねぇぜ、アンダーグランド」だと納得した。

完読しないとね。


 


 
スポンサーサイト

「少~し切なくて、長~く興奮」~ボンジョヴィ来日公演レポ

ボンジョヴィ来日

熱い2時間15分だった。

ロンドンに10年間滞在し、ボンジョヴィのコラムを書いていた女性と友達である女の子と一緒に、私はオープニングの曲を予想していた。

「グレイテストヒットを引っさげて来日したんだから、もちろん、デビュー曲の『夜明けのランナウェイ』しょ?」と、彼女が言った。

「ちゃうちゃう、メガヒットした『LIVIN‘ON A PRAYER』でしょ?絶対にさー」と、私。

意見が割れていたら、開演7時ちょっと過ぎた瞬間、舞台が暗転した。5万人のボンジョヴィファンが固唾を呑んでステージに集中する。その瞬間、東京ドームは物音一つ聞こえない、沈黙のゾーンとなった。

突然、大爆音が出た。ドーム中を雷が落ちたような轟きと共に、夜の「しじま」にいた観衆が、まるで壮快な朝を迎えたかのようにうるさく騒ぎ始めた。

『BLOOD ON BLOOD』がオープニングの曲だった。私も彼女の予想は見事外れてしまった。アルバム『NEW JERJEY』の大好きな曲だったので、予想が外れてくれて、かえって良かったなんて思った。

ボン・ジョヴィのライブは2006年の「 Have A Nice Day Tour 」以来だ。この時、ライブ時間は3時間を回っていたんじゃないだろうか?凄い興奮した覚えがある。

今回のライブのアンコールは2曲で、時間も短くなっていたが、私はボン・ジョヴィワールドに陶酔し、腕を振り上げっぱなしだった。

ロックの魅力、ロックの偉大さ。そして、観衆を一つにしてしまうボンジョヴィのサウンドの素晴らしさ。

しかし、ビジョンに写る48歳のジョンの顔を見て、そして、ジョンが『夜明けのランナウェイ』を唄う前に「遠い昔の僕らの曲」と言った言葉に、私は今回のライブはいつものライブとは違う感じがしたのだ。

なんというのだろうか?「ボン・ジョヴィも年を取ってしまったのか?」なんていう、ステレオタイプの単純な気持ちでは決してない。

なんというのだろうか?「もしかしたら、これで、ボン・ジョヴィは解散してしまうのではないだろうか?」という寂寞感に近い気持ちだった。

今回のステージには全てをやり尽くしてしまったような、燃焼してしまったような、そんなボン・ジョヴィの新しい面が見えたのだ。


スタジアム公演41回と、マイケル・ジャクソンの39回を抜いてトップにたったボン・ジョヴィ。ライバルは決してマイケルではないはずだが、本当の意味でボン・ジョヴィは世界の王者になってしまった。

今回のライブに複雑な気持ちを持ったのも、豊満の寂しさからくる切なさが加味されていたからかもしれない。

なーんて、独りよがりの私。でも、未だにライブ熱が冷めず、朝に晩にボン・ジョヴィを聴きまくっている。

うーん、やっぱ、世界の王者になっちゃったのかなぁ…。


【セットリスト】


1.Blood on Blood

2.We Weren't Born to Follow

3.You Give Love a Bad Name

4.Born to Be My Baby (もう、最高のノリの大好きな曲。セクシーなジョンの一面が出ている貴重な曲)

5.Lost Highway Play

6.Whole Lot Of Leavin'

7.When We Were Beautiful

8.It's My Life

9.I'll Sleep When I'm Dead

10.We Got It Goin' On (会場で踊りまくってしまったほどノリのいい曲)

11.Bad Medicine (凄いアドリブが効いためちゃくちゃ長い悪い薬でした)

12.Lay Your Hands on Me

13.What Do You Got?

14.(You Want To) Make A Memory

15.I'll Be There For You (この究極のバラード、ジョンの叫び、リッチーの嘶きに気絶しそうになった。君のためなら、空から太陽だって盗んでみせる!ジョンにこう言われたので、私は昇天しそうになった。)

16.Someday I'll Be Saturday Night

17.Work for the Working Man

18.Runaway

19.Raise Your Hands

20.Who Says You Can't Go Home

21.Keep the Faith (スタジオテイクとは全く違った新生Keep the Faith で、マジぶっ飛んだ)

Encore?

22.Wanted Dead or Alive
23.Livin' on a Prayer  (やっぱ、この曲が最後でした。始めか終わりだよね。この名曲は)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。