スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負の連鎖~日本対韓国戦

 いったん崩れ落ちると、どうもがいてもどうがんばっても、やることなすことすべてがマイナスに出てしまうことを「負の連鎖」というのなら、今回の南アフリカ大会前の国内最後の強化試合の韓国戦は、まさに「負の連鎖」以外の何物でもなかった。

 試合開始直後のパク・チソンのゴール。パク・チソンがゴールを決めるのは当たり前のことだ。なぜって、パク・チソンはイギリスプレミアリーグの王者・マンチェスターユナイテッドの名ストライカーで、マンU一筋のファーガソン監督に、その実力を絶賛されている唯一アジアの名プレイヤーだからだ。

 クリスチャン・ロナルド、ウェイン・ルーニー、ナニ、バレンシア、ベルヴァトフという天才プレイヤーに混じって、引けをとらない素晴らしい名プレーを披露していた。

 パク・チサンがゴールを決めた時、私は大ファンのマンUのパク・チソンのプレイを見ているようで、思わず拍手喝采してしまった。

 こんな強力で偉大な隠し玉を持っている韓国には、もう、パクのゴールを見ただけで、日本は負ける、そう確信した。
  
 結果、日本は2対0の惨敗だった。一縷の望みをかけて日本チームを、しかも日本というホームのさいたまで応援しているサポーターが気の毒になった。こんなに日本チームは愛されているのに…。それに答えることができないなんて…。

 誰の責任か? もちろん、監督の責任が90%だと思う。岡田監督の戦略は、普天間問題の鳩山総理じゃないけど、何の腹案も技量も持っていなかった。

 つまり、確固たる勝利に導くプランを持っていなかった現われである。世界を舞台に戦うには、あらゆる作戦と血がにじみ出るような練習を重ねなければならない。ワールドカップ出場の国のチームたちは、当然ながら、みんなそんな努力をしているのだ。

 岡田監督は韓国戦の大敗の責任を感じて、この出国前の今になって、進退問題を協会に出したという。これも、また無責任な話。

 約、3週間後にはカメルーン戦が待っている。そんな時に、こんな優柔不断な気の弱いことを言っているようじゃ、これは、南アフリカに行く前から、チームワークは大乱れ、選手同士の心もバラバラになってしまうだろう。

 行く前から、負けることを覚悟した岡田監督。最後まで狂ったようにどんなバッシングを受けようと、「ベスト4!ベスト4!」と、厚顔無恥にも言い切ってくれた方が、まだましだった。

 南アフリカ戦は「負の連鎖」で始まった。

 しかし、ひょんなことから「負の連鎖」が「正の連鎖」に変わるのも勝負の世界。日本人サポーターは、最後まで諦めているわけじゃない。散々日本チームを叩いているけど、心の底では、一縷の望みをもっているのだ。

 私は南アフリカ行きを事情によりキャンセルしてしまった。南アフリカは遠い。航空時間は約20時間。大枚はたいて南アフリカに応援に行く日本人サポーターの血と汗と涙の結晶。そんな純真なファンの気持ちに答えるためにも、現地に入ったら、どんなぶざまな結果になってもいいけど、洗練された納得のいくプレーだけは見せてほしい。

 


スポンサーサイト

そりゃー、ないんじゃない、鳩山さん

政権が変わったということは、大げさに言えばクーデーターが起きたと同じくらい大きいことじゃないかしら?

54年間も続いた自民党政権がぶっ壊れたんだもん。だから、対外的にも日本という国は、新しい国になるかも知れない期待と危惧を抱えながらも、世界から注目されているんじゃないかしら?

特にアメリカとの関係よね。もちろん日米安保条約。もちろん基地問題。今までアメリカのイエスマンのお番頭さんだった自民党さんたちから、日米関係をも見直すと啖呵を切った革命児サパタならぬ民主党さん。アメリカ側だって、お馬鹿で使い安い番頭がいなくなったから、ちょっとだけ民主党さんには警戒していると思うし、ちょっこっと無理難題をもちかけられるかもしれないって、ある程度は見込み調査をしていたと思うのよね。



民主党を選んだ私。政権とってからまだ8ヶ月しかたっていない出来立ての鳩山政権だから、そんなに早急にいろんなことはパーフェクトにできないと、高速道路の問題や政治資金の問題にも目をつぶっていた。公立高校の無償化や事業仕分けみたいないい事もいっぱいやってくれているもんね。

特に官僚の天下り問題を大きく騒いでくれ、庶民が想像もしていなかった無駄な公的機関や特殊法人があったことを白日の下にさらしてくれたから、この実績は大よね。

でもね、今回の普天間基地移設問題だけには、納得がいかないのよね。絶対に。「基地は沖縄県外を」と約束していながらも、結果、「辺野古にお願いいたします」ということになってしまった。

最後の最後まで、マリリンは鳩山さんがサプライズでテニアン移設を表明するとばかり信じていたのよね。もし、それをアメリカ側が許諾できないのならさ、普天間基地の移設って本当に必要なことなのかしら?

沖縄にはあんなにいっぱい基地があるんだから、一箇所くらい閉鎖したっていいじゃんね。そのくらいのこと、アメリカに言えないのかしら?

政権が変わるってことは、チェンジするってことでしょ?チェンジを政治方針にしたオバマさんだもの、鳩山さんが、「基地は辺野古の皆様から反対がありできませんでした。で、僕ちゃんからのお願いがあるんでがす。普天間移設は白紙に戻し、基地が一つだけ減ることになりますが、それでいいでがしょ?」くらいのこと言えなかったのかしら…。

マリリンが政権取ったら、バラク・オバマさんに、あっけらかんと「基地は一個無くなっちゃけど、いいよね。そんくらい。たいしたことないっしょ?YES We CANですもんね。チェンジですもんね。ほほほ」って言っちゃうけどね。

ま、マリリンが考えているほど、そんなに簡単なことじゃないとは思うけど、今回の鳩山さんは努力が足りなかったわね。

かといって、自民党が鬼の首とったみたいに、鳩山さんを批判している姿も醜いわよね。嘘っくさいわね。元々、アホな自民党がやったことで、こんな結果になったんだから。

それにしても、辺野古移設問題。辺野古庶民は納得しないよね。ますます、こじれこじれて、60年代の成田空港問題みたいにならなければいいけどね…。

ワールドカップの日本も気になるけど、辺野古問題はもっと心配だわね…。

三浦カズに出てほしかった!

岡田監督がワールドカップのメンバーを発表した。

本田、森本には大納得だった。サプライズの川口にも大納得。

でも、しかし、一縷の望みをかけていた三浦カズのサプライズがなかった。

泣き泣きキャンセルしてしまったワールドカップ観戦だからこそ、メンバー発表には余計にリキがはいっていた私。

あまりにも遠い南アフリカで開催されるがゆえに、日本人サポートは二の足を踏んでいる。旅行代理店の集客数も思ったよりも少ないという。

だからこそ、三浦カズのサプライズがほしかった。

現役であの年、43歳になるまで、サッカーに夢中になっている姿。素晴らしいじゃん。人寄せパンダだっていいじゃん。

世界中のサッカーファンからカズは注目されるはず。その健気な姿をベンチだけで見れても拍手喝采。

もしロスタイムの1分だけでも出場したなら、これはロマンとドラマの始まり。サッカーファンは涙を流して歓迎するだろう。

日本チームへの注目度だって上がるはず。

あーあ、なのに岡ちゃん。またやってくれました!カズをはずしましたね。

マンチェスターユナイテッドのファーガソン監督みたいに、岡ちゃんは一生なれないだろうね。

演出こそ勝因の一部だってこと、わかんないのかね、この人。

あーあ、がっかり。

とは言っても、チャンピョンズリーグをこなしているモスクワの本田。カメルーン戦では声を大にして応援するからね。ガンバレー!

ついでに、イングランド、プレミアリーグでチェルシーの優勝をまんじりともしてない、マンUファンのマリリンもここにいるわいな。

講演会「元秘書が語る筑紫哲也さんの思い出」のご予約は締め切らせていただきました!

下記のブログでもお知らせしておりました、筑紫哲也さんの元秘書でいらした白石順子氏の講演会「元秘書が語る筑紫哲也さんの思い出」は、予定数の2倍以上ものご参加希望者の方が殺到いたしまして、締め切らせていただくことになりました。

いまだに、ご希望の方からの問い合わせがありますので、私のブログを通してお詫び申し上げます。

先日、白石順子さんと筑紫哲也さんの写真をお撮りになっていらっしゃる写真家の井手宏幸さんと打ち合わせした際、「筑紫哲也さんの存在の大きさを改めて実感しますね!」というお話になりました。

ご参加できなかった皆様、本当に申し訳ございません。

5月29日(土)の講演会の様子などを、私のブログでご報告させていただきますので、よろしくお願いたします。

なお、ご参加ご希望の方々へ。

講演会当日は、今までにない在りし日の筑紫哲也さんの貴重なお話を元秘書の白石順子氏からお聞きになれると思いますので、どうかお楽しみにしていてください。

プロデューサー兼司会の私も、とても楽しみにしております。

ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。