スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えたヘアーブラシの謎

色々と私的公的で忙しかったので、ヒップホップダンスも筋トレも真面目にやってなかったけど、今日は思う存分に、ジムでボディバイブとヒップホップダンスを狂ったように踊り、体の不要物をみ~んな追い出してきて、すごい充実だわん。

しかし、ジムに来る人たちはなぜジムに来るのか?もちろん健康維持と体脂肪撲滅のためだろうが、いつしか、定年退職したおっさんや、そんなウザイおっさんを夫に持った熟年の妻たちのたまり場になっているのも事実だ。

つまり、午後1時から5時くらいまで、高齢者の溜り場と化し、高齢者の救済の場所になっている。60代から70代の人生の諸先輩のお話も、時としてためになることも多くて、スポーツジムだけでも、一冊の本が書けそうな気がする。

ボディバイブで筋トレ、ヒップホップで有酸素。かなりハードにトレーニングした後、マリリンは速攻、筋肉をほぐすためのベルトバイブマシーンに直行する。これはかなり効果があり、足取りも手取りも軽くなるのだ。

「グルグル、グルグル、ドッ、ドッ、ドっ、ピャキピャキ、ド、ド、ド」と酷使した右足をバイブにかけて、悦に入っていたマリリン。右隣には、いつもいる顔見知りの人のいいおじさんが、同じくウエストにベルトマシーンをかけている。

このおじさんはとってもいい人で、朝起きると奥さんに、

「お父さん、今日もジムに行くんでしょ?早く行ってらっしゃいよ!夕方まで、そうそう、夕飯までゆっくり楽しんできてね」と、朝食も食べ終わらないうちに、奥さんに追い出されるそうだ。だから、体調が悪くても、我慢してジムに来ている。奥さんの気持ちもわからないまでもないが、風邪引いていても奥さんにおん出されるこの70代のおじ様にちょっとだけ、哀愁感じてしまう。

「そういえばね、女風呂のヘアーブラシって、無くならない?」と、バイブで、「びゅるんびゅるん」いわせながらおじさんが、同じく「びゅるんびゅるん」とほぐしている私に、突然尋ねてきた。

「えっ?更衣室にある、備えつけのヘアーブラシ?」

「うん、そうだよ。最近ね、不景気のせいか、男風呂のヘアーブラシが無くなるそうだよ」

「えっ?そうなの、女湯はそんなことないなー。私の目から見ても。でも、備えつけのブラシなんて、超安物で家に持って帰っても、何の役にもたたないじゃんね」

「いやいや、ヘアーブラシ一本でも、大事な時代が来たんだよ。でもさ、オレは絶対に盗んでいかないよ」 

おじさんは妙に真面目顔になった。

「えっ?だって、おじ様は大金持ちだもん、ジムのヘアーブラシなんかいらないジャン」と私。

「いや、お金の問題じゃなくてさ、オレは絶対に犯人じゃないよ。だって、オレの頭見れば、分かるでしょ?ツルツルのマルッパゲ、ドライヤーなんかも使ったことないよ。自然乾燥だものね。オレは絶対に持っていかないから、『シロ』だよな」

と得意そにツルッパゲ頭を撫でる。誰もおじ様が犯人だって言ってないしょ。

「ツルッパゲにドライヤーやったら大やけどするし、おじさんがブラシやドライヤー使うなんて、誰も思ってないから安心してよ。もし、おじさんがドライヤー使っていたら、もっと不気味じゃん。バーナーで焦げ目をつけたロールパンみたいで、マゾだと思われるよ。」

私とおじさんは顔を見合わせて大笑いした。

なんとも、コミカルな瞬間、ほのぼのとした瞬間。

「じゃ、ツルッパゲ以外のお客が持って行ったことは事実だよね?」と、おじさんは俄然元気になる。

「あったりまえジャン。犯人は毛がふさふさで瑛太みたいな男の子じゃないの?」

「アハハ。そうか。で、瑛太って誰?」

マリリンは瑛太の説明をしなかったけど、平和でほのぼのとした午後だった。
久々にまったりした一日だった。

こんなおじさん、大好きだな。

平和な一日に感謝!!!!
スポンサーサイト

さー、南アフリカへ。

やったぞ!ワールドカップ4大会連続出場の快挙、岡田ジャパン。

前半、試合開始いなや岡崎の見事な先制ゴールで1対0。私はテレビに向かってでんぐり返しをして喜んでいた。

しかし、ホームのウズベキスタンはここで負けたら、ワールドカップはお蔵入り。命をかけてまで勝ちたい気持ちが後半に力強く流れていた。

そのために、日本はかなり苦戦した。ロスタイムまでも、ウズベキスタンの攻撃にヒヤッとさせられた。

なんとか日本はウズベキスタンの攻撃を頑強に死守した。中村俊輔の敏速な動き、俊輔の表情は一段と厳しく、勝ちたい気持ちが伝わった。俊輔の目はあっちの世界に行ってしまったのではないかと思わせるほど、狂信的な神がかった目だった。スコットランド、セルティックが俊輔を一回りも二回りも大きくしてくれたのかもしれない。

監督・岡ちゃんも、審判のファールに納得がいかずに退場を命じられるほど、リキが入っていた。

さー、南アフリカだ。アパルトヘイトの国、南アフリカだ。喜望峰の国、南アフリカだ。

第一戦目の国はどこになるのだろうか?イングランドかアルゼンチンか、はたまたスペインの強豪国か。

南アフリカ、行ってみたい…。

南アフリカで、この目で日本の初戦を見てみたい!!!!!!!



下半身の品格

京都教育大学生6人が、コンパでお酒に酔った女子大生を強姦した。

会場となった居酒屋の別室に連れ込んで、襖が開かないようにロックして性的暴行を繰り返したそうだ。この襖をロックしたということで、これは計画的な犯行だと、誰もが思うだろう。

私は自分の娘を思った。家の娘も大学生なので、こういったサークルのコンパや集団コンパには出席している。家の娘はあまりお酒は飲めないが、酒の席は無礼講。調子に乗ってガブ飲みし、泥酔しないとは限らない。

私も大学生の頃、調子こいて一気飲みし、足腰立てずにおしっこまで漏らしたことがある。側にはもちろん男子学生もたくさんいた。もし、彼らが若さゆえに野獣のような性衝動にかられ、正体不明になっている私を連れ込めば、簡単にレイプできる。

意識不明の私は彼らに「やらせてくれる?」と言われたら、判断もできぬまま、なんの抵抗もなく彼らの思うままになっていただろう。

しかし、私の男友達はそんな醜態を晒している私をおんぶしてくれ、タクシー代まで持たせてタクシーに乗せてくれた。これが正常な人間の判断だ。

逮捕された学生の中に「合意の上だった」と否認しているどアホ学生がいる。泥酔した女の子が合意なんかするわきゃねーだろ?足腰も立てずに寝転んでいるのが精一杯なのに、セックスなんかする気になるわきゃない。吐き気とめまいと歩行困難の半病人状態になるのが泥酔だ。

「合意」と否認した学生を張り倒してやりたくなった。「襖を閉めたこと」「合意」と犯行を否認したこと。もうこれだけでこいつらがいかに極悪非道な犯罪者であるか、一目瞭然だ。

いつから、学生の飲み会にこんな事件が頻発するようになったのだろうか?

今の時代、女とやりたきゃ、キャバもあればソープもある。一流ソープには手練手管で男を喜ばせてくれるテクニックを持った才女がたくさんいる。テメーらのふにゃチンなんかバカにされ、お恐多くて、ベテラン才女たちにはお見せできないだろう。

女とやりたきゃ、汗水垂らしてバイトして、ギャラが二桁のこういった性技にたけた超一流の女の所で修行しろっつーの!

手近にいる女の子に酒飲ませて、安上がりでやりたがるんじゃねーよ!

京都教育大学の学長の対応にも呆れた。こんな生徒を野放図にさせ、甘やかしたペテン師の茶番劇だった。

真面目にがんばっているまともな他の生徒が不憫でならない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。